AndroidタブレットのChromeブラウザがまもなくデフォルトで自動的にデスクトップモードになる可能性があります

AndroidタブレットのChromeブラウザがまもなくデフォルトで自動的にデスクトップモードになる可能性があります

最初に発見された XDA開発者 、Chromium Gerritへの新しいエントリは、Androidタブレットの所有者がWebを閲覧しているときにすぐに実際の取引を使用する可能性があることを示しています。モバイルChromeブラウザのエクスペリエンスを最小限に抑えることはできませんが、機能や視覚要素が制限されたWebページを7〜10インチの画面サイズでロードするのは理想的ではないことを躊躇なく言うでしょう。その多くの不動産は、はるかに多くの能力を備えています。

このCLは、タブレット用のデスクトップサイトをリクエストするための実験をセットアップします。
実験には、有効化と制御の2つの同等のグループがあります。
両方のグループがヘッダーXを設定する必要があります-Eligible-Tabletは画面サイズによって異なりますが、実際にデスクトップサイトベースを要求するのは有効なグループのみです。
したがって、有効なグループは{RequestDesktopSiteForTablets、{screen_width_dp、***}、{enabled、true}}を受け取ります
そして、コントロールグループは{RequestDesktopSiteForTablets、{screen_width_dp、***}、{enabled、false}}を受け取ります

Chromium Gerrit

CLは、画面サイズに基づいてデスクトップサイトを自動的に要求する可能性のあるタブレットの基盤を設定します。コントロールグループではなく、有効なグループにそれらを配置しようとします。これらの有効なグループについては特定の画面サイズについては言及されていませんが、10インチ以上のディスプレイ用に開発する必要があることは私にとって最も理にかなっています。このCLは開発の初期段階にあるため、エキサイティングですが、市場に出ることが保証されていないことに注意することも重要です。

ただし、日の目を見ると、Samsungタブレットまたは前述の仮想サイズの他のブランドを使用している場合、モバイルバージョンのWebサイトが実質的に二度と表示されないことを意味します。なぜこれがそれほど重要なのですか? Googleは、Chromebookのように、ノートパソコンのエクスペリエンスのように感じるように大画面を最適化するための措置を講じていると思います。

Chrome OSが従来のAndroidタブレットで動作することはないと思います。これは、GoogleがAndroidの断片化された泥だらけのOSから距離を置きたいと考えているためですが、代わりにFuchsiaのようなものを使用することもできますが、それは問題ではありません。オペレーティングシステムに関係なく、Chromeで利用できるすべてのデバイスでユーザーエクスペリエンスを一貫させることができると思います。同じ画面サイズである限り、ユーザーが1つのデバイスを置いて別のデバイスを手に取るときに何を期待できるかを知るのに役立ちます。

この動きは、フォントが小さいなどの理由でタブレットのブラウジングエクスペリエンスにアクセスしにくくなる可能性があると主張する人もいますが、タブレットは一般にデスクトップよりも電話のスタイルで保持されているためです(つまり、見下ろしている遠くからでも)、それでもいい動きだと思います。この機能が本当にユーザーにプッシュされている場合は、この機能のオンとオフを切り替える方法があることを願っています。

ChromeUnboxedのその他のアイテム

また、基本的に小さなノートパソコンの画面と同じくらいの大きさのモバイルウェブサイトをロードすることも意味がありません。正直なところ、私たちは今やソフトウェアへの万能のアプローチを超えています。Googleが単一のコードベースでさまざまなデバイスのカスタムエクスペリエンスを作成できるのなら、なぜそうすべきではないのでしょうか。コメント欄でこれに対するあなたの気持ちを教えてください。