今後のChromebookシェルフの「ドラッグしてピン留め」アプリ機能はシンプルですが便利です

今後のChromebookシェルフの「ドラッグしてピン留め」アプリ機能はシンプルですが便利です

これまで、Chromebookでアプリケーションまたはウェブアプリを開いて固定されていない場合、ほとんど見えない区切り文字の右側に表示されます。この細くて白いほぼ透明な線は、固定されたアプリと固定されていないアプリを分割し、ユーザーが閉じた後に何が消え、何が棚に残るかを理解できるようにします。

アプリケーションを固定する場合は、いくつかのオプションがあります。Chromebookランチャーでアプリケーションを右クリックして[棚に固定]を選択するか、最初に開いてから棚を右クリックして[棚に固定]を選択します。同じオプション。新しいChromiumリポジトリのコミットを発見しました。これは、固定されていないが開いているシェルフアイコンを、仕切りの右側から左側にドラッグアンドドロップして、プロセス中に有機的に固定できるようになる可能性があることを示しています。

chrome:// flagsにshelf-drag-to-pinを追加します

この機能により、ユーザーは固定されていない棚のアイテムを固定されたセクションにドラッグして、棚に固定することができます。

Chromiumリポジトリ

これはシンプルですが、Chromebookシェルフの動作方法に対する歓迎すべき変更です。私はいつもこの機能について考えてきましたが、OSに追加されたという証拠を見たことがありません。ユーザーが自然な方法でデバイスを操作できる機能を入手すればするほど、Chromebookは、ユーザーが自然に使用する方法に基づいて、ユーザーがすべきだと感じることを正確に実行できるようになります。

もちろん、この機能が開発から一般に公開されるかどうかはわかりませんが、他の初期のテストと同様に、これはあまりにも理にかなっており、承認プロセスを通過するのに十分簡単だと思います。 「Dragtopin」は、改良されて正式にリリースされる前に、Chrome OS Canary開発者フラグとして最初に表示されますが、誰もがワクワクするような小さな変更です。