Ubisoftは、ゲームのカタログをStadiaに戻します。これは、今後のイベントでUPlay +の発表を行う可能性があります。

Ubisoftはクラウドゲームモデルを手に入れ、その波に乗っています。ほんの数時間前、Stadiaチーム 発表 彼らはさらに8つのUbisoftタイトルを彼らのサービスにもたらすでしょう。 現在、15のUbisoftゲームが今から来年の前半までにリリースされる予定です! リリース日がある場合とない場合のタイトルの完全な内訳は次のとおりです。

リリース日が設定されたゲーム:


ウォッチドッグスレギオン– 2020年10月29日
アサシンクリードヴァルハラ– 2020年11月10日
ジャストダンス2021– 2020年11月12日
イモータルズ:フェニクスライジング– 2020年12月3日
スコットピルグリム対世界:ゲーム–(2020)
Farcry 6 – 2021年2月18日
ライダーズリパブリック– 2021年2月25日

可能なUPlay +ローンチタイトル:

ファークライ5– TBA
Farcry New Dawn – TBA
ウォッチドッグス– TBA
ウォッチドッグス2– TBA
アサシンクリードユニティ– TBA
アサシンクリードオデッセイ– TBA
アサシンクリードシンジケート– TBA
ゴーストリコンワイルドランズ–未定

Ubisoftが来週の「GoodStuff」イベント中にUPlay +サブスクリプションサービスを開始する準備をしていることはほぼ確認されています。Stadiaは、人気はあるがリリースされていない3つのゲームのゲームデモをリリースし、新しいゲームの発表を発表し、ゲームなどをプレイします。実際、Ubisoft自体 確認しました UPlay +は年末までにGoogleのプラットフォームでリリースされるため、まだはっきりとは言えないのは、10月20〜22日に開催される公開イベントでUPlay +が登場するかどうかだけです。 UPlay +は、月額$ 14.99で100を超えるUbisoftゲームへの無制限のアクセスを提供します。新しいリリースも追加料金なしでバンドルされており、早期アクセスの場合でも、リリース後すぐに再生できます。

Youtuber ジェムスタディア は、Stadiaのウェブサイトで非表示のページを見つけました。 UPlay +がリリースからそれほど遠くないことを明らかにします 。以下で彼の調査結果を見ることができます。リリース日が確認されていない上記のゲームは、イベントの終了時に、Stadiaで完全に購入したり、UPlay +サブスクリプションでプレイしたりできるようになると思います。また、サービスの仕組みにより、Googleがすでに公開しているリリース日を持つゲームがStadiaのUPlay +ラインナップに加わると思います。

私の意見では、UPlay +(および無料でゲームをプレイすることも)は、多くの人にとって、StadiaをGeforceNowと同じステータスにまで高めるでしょう。 注意すべき唯一のことは、さらに別のサブスクリプションコストです。 私と同じようにオープンワールドのUbisoftアクションを愛していて(その欠点にもかかわらず)、Cyber​​punk 2077を手に入れるのが待ちきれない場合を除いて、StadiaProに9.99ドル、UPlay +にさらに14.99ドル(合計で約30ドル)がかかる可能性があります。結局、他のサブスクリプションサービスの上になりすぎてしまいます。最近、誰もが私たちの財布を一口食べたいと思っているようです。1000カットで死ぬ前に、非常に多くのサブスクリプションサービスしか利用できません。 StadiaとUbisoftが、Googleを介してサブスクライブする人が、2つのサービスのバンドル割引を受けるという、ある種の取引を行うのを見るのは素晴らしいことですが、それが実現するかどうかは疑問です。