Chrome OS 76のこの新機能により、AndroidはChromebookではるかにネイティブに感じられます

Chrome OS 76で展開された新機能の1つは、Chromebook設定の[ユーザー]タブからの複数のアカウントサインインの追加です。長年のChromebookユーザーにとって、この設定は重要ではないと見落とされがちですが、古いやり方との類似点に惑わされないでください。 この新機能により、ChromeOSデバイスでのアカウントの追加と削除の方法が根本的に変わります。

まず、WindowsとMacのユーザーが気になるかもしれないことを明確にする必要があります。 Chrome OSが複数のアカウントのログインを処理する方法は、他のオペレーティングシステムのChromeだけで得られる形式に変更されていません。これらの設定を使用すると、ユーザーは複数のアカウントでChromeにログインし、トップバーのユーザーメニューから切り替えることができるそれぞれの異なる設定を取得できます。 Chrome OSの場合、メインアカウントは引き続きメインのChromeアカウントであるため、Chromeのブックマークと設定は、常にChromebookにログインしたメインアカウント用に設定したものになります。プライマリログインアカウント間を移動するための簡単なショートカットがありますが、今週後半の記事で取り上げる必要があるセットアップのヒントがいくつかあります。

本日お話しするChromeOSのこの新しいログイン機能では、アカウントとその機能は、これまでの機能と非常によく似ています。 ChromebookにメインのGoogleアカウントがありますが、その後、すべてのGoogleサービスに他のアカウントを追加し、その特定のサービス内のアバターをクリックしてアカウントを変更できます。 この明確な例として、GmailとGoogleドライブが思い浮かびます。 Googleドライブを開くと、常にChromebookにログインしているメインのGoogleアカウントがデフォルトになりますが、ログインしている他のアカウントを自由に切り替えることができます。

以前は、これらのアカウントを追加する唯一の方法は、サービスを起動し、アバターをクリックして切り替えてから、別のアカウントを追加することでした。ほとんどの場合、これは常に機能していましたが、どのアカウントがログインしているかを確認する明確な場所はなく、必要なすべてのアカウントを一挙に追加する場所もありませんでした。 今ではすべてが良くなっています。

Chrome OS76でChromeOSデバイスを使用しているときに、ログインを変更して、アカウントでアクセスするアカウントを再度追加するように求められます。セットアップは簡単で、 これを変更するように求められていない場合は、間もなく変更される可能性があります。 次のような画面が表示され、Chromebookでアクセスするアカウントを追加するよう求められます。

新しい統合ログイン画面

ここから、作業を完了するために必要なGoogleアカウントを追加したり、ログインしているかどうかを確認したり、アクセスする必要がなくなったアカウントを削除したりできます。これを行う古い方法では、常にGoogleサービスにアクセスし、アバターをクリックして、ログインしているものとログインしていないものを確認する必要がありました。ワークフローがはるかにクリーンでシンプルになり、古い方法でアカウントを追加しようとすると、 、この新しい設定ページにリダイレクトする小さなボックスが表示されます。清潔でシンプルかつ効果的。 しかし、この設定が変更するより大きなトリックがあり、私はとても幸せになります。

古いログインリダイレクトボタン



その単純でありながら根本的に異なる変更は、この同じログイン画面を介したAndroidアプリアカウントのサポートの追加です。 正しい読み方です。この新しい画面でログインすると、Androidアプリを含め、Chromebookのどこからでもアカウントを利用できます。以前のバージョンのChromeOSでは、必要なすべてのアカウントにログインしても、Androidアプリを使用してプロセス全体をやり直す必要がありました。プロセス全体は、AndroidがChrome OSで実際にネイティブではないことを思い出させるためにのみ役立ちましたが、多くの点でネイティブです。

この新しいログインプロセスはほぼ完璧であり、ChromeOSとAndroidを一般ユーザーにとって非常にまとまりのあるものにしています。 アカウントをChromebookにログインしても、同じChromebook上のすべてのAndroidアプリに引き継がれるべきではないというシナリオはありません。 それでも、それはまさに私たちがここ数年扱ってきたものです。 新規ユーザーにとって、これは直感的でないだけではありません。 ちょっと壊れた気がします。

現在の唯一の欠点は、Androidアプリに手動でアカウントを追加でき、それらがChromebookの設定に自動的に追加されないことです。たとえば、AnalyticsをAndroidアプリとして開き、共有Analyticsアカウントを追加してから、Google Analytics Webサイトにアクセスし、Chrome経由でこのアカウントにアクセスするには、同じ資格情報を再入力する必要があります。完璧なシナリオは、Androidアプリのログイン画面で、この新しい統合ログイン設定画面に移動することです。これが機能していることを非常に期待しています。そうでない場合は、少なくとも、Androidログインを介して追加されたアカウントが統合ログイン設定領域にも追加されることを期待しています。

結局のところ、ログインしているすべてのアカウントに対して1つの場所を用意することが、最善の方法です。 Chrome OS 76に追加されたこの新しい設定は、正しい方向への大きな一歩です。 Androidアプリのログインで最終的に同じ画面が表示される限り、ChromeOSで修正するもののリストからアカウント管理をマークすることができます。