この便利なトリックは、タブレットモードのChromebookでマルチタスクを改善するのに役立ちます

この便利なトリックは、タブレットモードのChromebookでマルチタスクを改善するのに役立ちます

先日、Acer Chromebook Spin 713でソファベースのウェブブラウジングを少し行っていました。プレゼンテーションモード(蓋は約270度開いています)に戻り、膝の上で13.5インチのタッチスクリーンが素晴らしい仕事をします。これだけの馬力を備えたWebコンテンツとChromeOS用の巨大なキャンバスは、すべての新しいタブレットジェスチャーとナビゲーションスワイプで非常にスムーズです。ほとんどのコンバーチブルはひどいタブレットを作りますが、ソファでのオンザラップタッチベースの体験は実際には非常に楽しいものです。 コンバーチブルChromebookをお持ちの場合は、ぜひお勧めします。

とにかく、私はいくつかのことを研究していたので、いくつかのことを並べて参照するために、いくつかの分割画面アクションを呼び出す必要がありました。両方のペインをナビゲートし始めたとき、右端のパネルに戻る必要がある瞬間があり、しばらくの間、それを行う方法がわかりませんでした。知らない人のために、タブレットモードのChromebookのホームと戻るは、どちらもジェスチャーナビゲーションに置き換えられました。画面の左側からスワイプして戻るか、下から上にスワイプしてホームに戻ります。 上で述べたように、Acer Spin 713では、非常にうまく機能し、楽しいです。

ただし、分割画面モードでは、その戻るジェスチャは左側のパネルにのみ適用されます。明らかに、両方のパネルに同時に影響を与えるのは奇妙なことですが、右側のパネルに戻る方法についても少し戸惑いました(私は、記録のためにWebブラウザーではなく、アプリを使用していました)。ボタンがなく、これを行うための明らかなジェスチャーもないので、ChromeOSチームから大きなつまずきに出くわしたと思いました。 私はかなり間違っていました。

ChromeUnboxedのその他のアイテム

実際のところ、同じ左からスワイプするジェスチャは、マルチタスクビューの両側で機能します。 そしてそれも驚くほど良いです。 分割画面の設定が完了したら、画面中央の黒いバーのどこからでも右にスワイプすると、「戻る」ナビゲーションが表示されます。最良の部分は、このジェスチャはそれほどの精度を必要とせず、指が大きく、UI要素を「太くする」傾向があるにもかかわらず、毎回実行することができたということです。

Chrome OSのタブレットモードが成熟し、その流動性と能力が向上するにつれて、このような小さなニュアンスがますます重要になります。 AndroidとChromeOSは、ジェスチャー前の時代に戻るボタンに大きく依存しているため、OSの任意の部分でこの重要なナビゲーションジェスチャーを確実に実行する方法を用意することが非常に重要です。 GoogleとChromeOSチームに、私たちが見ていなかったときに絶対に釘付けにしてくれたことを称賛します。

Chromeショップで2020年のこれまでの最高のChromebookを購入する