Chromebookでのウィンドウのスナップは、垂直画面ではるかに良くなります

Chromebookでのウィンドウのスナップは、垂直画面ではるかに良くなります

手足に出て、垂直レイアウトで外部モニターを使用していない人が多いと思います。外部ディスプレイを使用する場合、標準の横向きに保つ可能性が高く、それはまったく問題ありません。私も偵察したいのは、多くの人が垂直に配置されたモニターを試すことで実際に生産性を向上させるという事実です。 Web、コーディングプログラム、ドキュメントエディタなどを活用している場合、垂直レイアウトを使用すると、横向きのディスプレイに表示される情報と比較して、一度に画面に表示される情報が大幅に増えます。

あなたが毎日アクセスする多くのウェブサイトについて少し考えてみてください。これらは通常、特定の幅にロックされ(コンテンツはとにかく)、画面の左右のすべてのスペースを実際に利用するわけではありません。超ワイドモニターを実際に利用するために、画面上で何も全幅に拡大することはめったにありません。代わりに、私はより狭く、浮いている、個々のウィンドウを開いたままにします。 以下を見て、私が何を意味するかを確認してください。

無駄なスペースすべて

垂直コンテンツ、垂直ウィンドウ

より垂直に配置されたウィンドウとコンテンツ表示の利点を理解し始めると、垂直に配置されたモニターに存在する利点をより多く理解できます。特定のモデルのみがこのように回転するスタンドで作られていますが、転倒せずにディスプレイを横向きにする方法を見つけた場合は、ディスプレイ設定メニューを使用して外部画面を回転させるか、より迅速に行うことができます、 打つ CTRL + SHIFT + REFRESH ピクセルを適切な方法でレイアウトするため。

垂直表示をより良くするための変更が来ています

Android警察によって発見され、 縦型ディスプレイを使用することで全体的なエクスペリエンスが大幅に向上するように、作業に変更が加えられました。上記の内容に少し共感したり、すでに縦長の画面レイアウトを使用している場合は、Chromebookで非常に長い間使用されてきたマルチタスクの問題が発生する可能性があります。横向きの場合、開いているウィンドウをスナップすることは、画面上の情報を整理するための便利な方法です。これを行う簡単な方法もあります。たとえば、ウィンドウを画面の目的の側にドラッグするだけ、ウィンドウの右上にある最小化ボタンと閉じるボタンの間の展開ボタンを長押しする、またはキーボードコマンド (ALT + [または])

これがこすりです。 Chrome OSは、タブレットモードのウィンドウに対して優れた垂直スナップを実行しますが、クラムシェルモードの場合、そのようなショートカットや機能はありません。代わりに、左右に水平方向にスナップするので、まったく意味のないコミカルに窮屈なウィンドウになります。この途方もなく長いスクリーンショットについては、事前にお詫び申し上げますが、ここで私が話していることを確認してください。

真剣に、これは役に立たない



ご覧のとおり、このスナップは基本的に役に立たない。 この種のスナップがリモートでさえ役立つ現実はほとんどなく、この種の動作がこれまでGoogleによってまったく考慮されていなかったことは明らかです。もちろん、ウィンドウのサイズを変更したり、手動で必要な場所に移動したりすることはできますが、デスクトップの横向きやタブレットモードの縦向きの場合と比べると、それほど単純化されていないように感じられます。 しかし、修正は進行中です。

ChromiumGerrit経由

ChromiumGerrit経由

上記のコミットではっきりとわかるように、Chrome OSチームは、基本的にChromebookのデスクトップモードにタブレットモードで見られるのと同じスナップ/ドッキングトリックを提供する新機能に取り組んでいます。これらはアクティブなコミットであり、これまでにマージされたものはほとんどありませんが、この機能は確実に登場します。実装すると、キーボードショートカットを使用したり、ウィンドウを画面の上下の境界線にドラッグして、全幅でディスプレイの全高の半分にスナップできるようになると思います。

この機能はすでに導入されており、タブレットモードでかなり長い間使用されてきたため、デスクトップモードで機能させるのにそれほど大きな負担にはなりません。デスクトップモードでChromeOSが縦向きと横向きを識別できるようになると(デバイスを物理的に回転させたり、ジャイロスコープと加速度計をアクティブにしたりしないため、それほど単純ではありません)、同じ基本的なルールを適用するだけで、機能を準備できます。トーゴ。

垂直ディスプレイを常に使用している場合でも、これを読んだ後で検討している場合でも、垂直レイアウトの適切なスナップとドッキングをサポートする動きは、展開時に生産性を向上させます。私はかなり一貫してウィンドウのスナップを使用していることを知っています。これが将来的に垂直ディスプレイで機能することで、外部モニターのセットアップを今後再考する可能性があります。