新しい「ハッチ」ベースのChromebook「Helios」、「Kindred」、「Kohaku」は非常に強力になります

新しい「ハッチ」ベースのChromebook「Helios」、「Kindred」、「Kohaku」は非常に強力になります

「ハッチ」が何であるかを正確に理解することに近づくにつれて、このユニビルドボードの機能についてますます学びます。先週見たように、「ハッチ」は、最近会ったばかりの「コハク」、「ヘリオス」、「キンドレッド」を含む、合計4つのベースボードを担当しています。これらの4つのボード(そしておそらくもっと先のボード)では、ベースボード「ナミ」を取り巻く昨年のトレンドと非常によく似ています。

あなたが覚えているなら、 「ナミ」は2017年12月に登場しました のようなまったく新しい世代のデバイスを生み出しました Acer Chromebook Spin 13、 HP Chromebook x360、 Dell Inspiron Chromebook、 そしてその Lenovo Yoga ChromebookC630。 これらのデバイスは、Chromebookエコシステム全体をまとめて変更し、同様のパターンのさまざまなバリエーションを提供します。 より多くのプレミアムビルド、より優れた全体的なエクスペリエンス、および高速パフォーマンス。 私たちはこれらの各デバイスを独自の方法で使用、レビュー、および愛してきましたが、グループ間の一貫性は、すべてが「ナミ」で共有する共通のベースボードです。

同様のパターンが「ハッチ」で出現しているようです。 2018年12月、 「ハッチ」が登場 「ナミ」によく似たユニビルドボードとして、この1つのボードから複数のChromebookが生成されます。そして、「ナミ」のように、おそらく異なるメーカーによって、この同じベースボードから複数のデバイスが構築されているのをすでに見ています。 Gabrielは、SamsungがこのラウンドのプレミアムChromebookに参加することを強く望んでおり、「Kohaku」はSamsung製のデバイスである可能性が非常に高いと思われます。現在のところ、「Helios」と「Kindred」が誰に属しているかについては、まだ暗闇の中にいます。

私たちが知っていること

そうは言っても、現時点で私たちが知っているいくつかの新しいニュースがあります。 によると 昨夜掘ったボードファイル、 「ハッチ」ユニビルドをベースにしたすべてのボードは、IntelのComet LakeUシリーズプロセッサを搭載しています。コメットレイクがすでに「ハッチ」に参加していることはわかっていましたが、上記の「ナミ」ベースのデバイスにあるようなフルパワープロセッサを検討していたのか、それとも最終的にはファンレスYシリーズデバイス。 このファイルには、ファンがこれらのベースボードに参加しているという明確な兆候があり、「ハッチ」ファミリーのUシリーズチップを示しています。

公平を期すために、Yシリーズプロセッサは最近非常に高速になっています。 Pixelbook、Pixel Slate、ASUS Chromebook C434はすべて、Yシリーズプロセッサが提供できる速度の例です。 ただし、Uシリーズプロセッサの場合、TDPが高い(結果として小さなファンが必要になる)ということは、パフォーマンスが大幅に向上し、消費電力が増えることを意味します。Chromebookは、通常、何もしなくても問題ありません。 もう1つの利点は、メーカーがUシリーズCeleronまたはi3プロセッサーを利用できることです。 Yシリーズのバージョンは少し遅いかもしれませんが、UシリーズのCeleronとi3はChromebookのパフォーマンスを完全に圧倒するため、消費者にとってはわずかに低いコストで優れたパフォーマンスを発揮する機会があります。

もう1つの面白い事実: 昨年の他の「ナミ」バリアント 5月と6月頃に現れ始めました 「ハッチ」バリアントと同じようにリポジトリにあります。すべてが昨年の「ナミ」のリピートになるように並んでいます。私たちの内臓が正しければ、今年の第4四半期のタップで驚異的なパフォーマンスを発揮するまったく新しいハイエンドChromebookの艦隊を意味するはずです。それに加えて、予想されるSnapdragon Chromebook、MediaTek Chromebook、および可能性のあるAMD Chromebookを追加すると、次のようになります。 ChromeOSの世界で非常に忙しい第4四半期のレシピ。