Chromebookのスタイラスボタンに新しい機能が追加されました

Chromebookのスタイラスボタンに新しい機能が追加されました

USIペンが2020年に標準化されるのを見てきましたが、 ついにそれらのいくつかが実際に出荷を開始するのを見始めました、 ペンサポートが組み込まれる次世代のChromebookが大量にあるように感じ始めています。すでに報告したように、 これらのデバイスはすべて、新しいUSI標準をサポートする必要があります。 つまり、Chromebookで実際に操作できるボタンが付いたペンがようやく見られるようになるかもしれません。

現在、控えめなスタイラスに非常に便利な機能を追加し、複数のUSIペンに引き継ぐ必要がある2つのコード変更を追跡しています。理想的には、最終的にペンボタンが呼び出すことができるアクションのグループにたどり着き、これらのアクションのどれをペンエクスペリエンスの一部にするかを決定するのはペンメーカー次第です。

インスタント右クリック

私たちが目にしている最初の機能は、ペンが右クリックまたは長押しを少し簡単に呼び出すことができる機能です。 Chrome OSは、タッチスクリーンを操作するときに右クリックとして長押しアクションを処理しますが、これらの長押しは、幅が広く安定した指先よりもペン先の方が少し難しいです。リポジトリのコードコミットによると、スタイラスボタンに機能が追加され、基本的にこのプロセスが高速化され、ボタンを押したままペン先で画面に触れると、コンテキストメニューやその他の長押しアクションが基本的に瞬時に実行されます。

スタイラスボタンで長押しジェスチャを加速

ChromeOSデバイスには現在、ボタン付きのスタイラスがなく、スタイラスボタンイベントの処理はサポートされていません。長期的には、スタイラスボタンのクリックをマウスの右クリックボタン(コンテキストメニューを開く)として機能させたいと考えています。短期的には、スタイラスボタンを使用して長押しのジェスチャを加速したいと考えています。

ユーザーが画面に触れたときにスタイラスボタンを押した場合、または長押しタイムアウトの前にスタイラスボタンを押した場合は、長押しジェスチャを生成します。

ChromiumGerrit経由

この投稿を書いているときに、オフィスにあるWaltopスタイラスを使ってスピンすると、期待どおりに機能すると思いました。小さなペン先で長押しをやめようとするのは当たり前のことですが、ペンのバレルの最初のボタンを押したまま画面をタップすると、すぐに長押しのコンテキストメニューが呼び出されます。これは、指先ではなくペンでUIをナビゲートするのに役立つ便利な小さなトリックです。

インスタントノート

次に、ボタンが押されたときにペンがコマンドを渡して新しいメモを開く機能をフックするコードが追加されています。コミットの言語では、これは上記のようなバレルボタンアクションとは少し異なることがわかります。この操作では、ペンを画面の近くに置いたり、画面に接触させたりする必要はありません。テールボタンを押したときにペンがChromebookの周囲にある限り、メモアプリを呼び出すことができます。

キーイベントでノートアプリの起動を許可する

キーイベントハンドラーをメモの作成アクションに追加し、スタイラスのBluetoothボタンによって生成されたことを示す特別なフラグが付いたイベントを探します。

これにより、ユーザーはテールスタイラスボタンをダブルクリックして新しいメモを開くことができます

ChromiumGerrit経由

ChromiumGerrit経由



理想的には、今後数か月以内にUSIペンの新しいアクションがいくつか発生することになるでしょう。 明らかに、これには開発者がこれらのイベントをリッスンするようにアプリを設定する必要がありますが、Chrome OSチームがこれらの新機能を公開リリースで利用できるようにするため、Chromebookはシステムレベルですぐにアプリの使用を開始できます。おそらくいつの日か、USIペン用のシンプルなマッピングツールがあり、そこからアクションを選択して、ペンボタンが実際に何をするかを指定できます。まだやるべきことがありますが、 しかし、USIペンの最初の印象は、この時点ではかなりしっかりしています。 すぐにすべてが実行されると確信しています。