Motorolaは、Androidデスクトップの出荷を開始した最新の製品であり、Chromebookにとって朗報です。

Motorolaは、Androidデスクトップの出荷を開始した最新の製品であり、Chromebookにとって朗報です。

サムスンが最初にDexを世界に発表してからかなりの年月が経ち、それ以来、他のいくつかの企業もそのAndroidデスクトップを試してみました。この時点で、HuaweiとLGは特に、キーボードを使用してモニターにドッキングしたときにアプリを実行するためのウィンドウインターフェイスをユーザーに提供する独自のバージョンのDexのようなAndroidデスクトップを持っています。このアイデアは新しいものではありませんが、これまでモバイル/デスクトップハイブリッドコンピューティングのこの方法が広く採用されていなかったとしても、長年にわたってテクノロジー愛好家を魅了してきました。

CESイベントで覚えている最初の最先端の技術発表の1つは、モトローラが不運なAtrix4Gを発表した2011年にさかのぼります。そのデバイスには、当時はあらゆる種類の新しいテクノロジーが詰め込まれていましたが、特に私にとっては、キーボード、トラックパッド、ウィンドウベースのUIを備えたワークステーションに電話を変換できるオプションのラップトップドックが付属していました。それは実際にはあまり良いものでも有用なものでもありませんでしたが、それはかなり素晴らしいスイングであり、当時は見逃していました。

Motorola Atrix 4G

2020年に向けて、Android 10以降では、実行するアプリが常に準拠しているとは限らない場合でも、ウィンドウ化されたアプリインターフェースを完全にサポートするバージョンのOSが提供されています。これにより、Dexのようなインターフェースに柔軟性がもたらされ、Androidを一緒にプレイするためにメーカーが一生懸命努力しなくても、基本的なレベルでより優れたものになります。その追加機能により、電話メーカーはソフトウェアでデスクトップセットアップを提供することで利用し始めています。 それを最初に行った会社は、それをもう一度突き刺しているように見えます。

完全には発表されていませんが、モトローラは最新の携帯電話を備えた新しいデスクトップAndroidソリューションを立ち上げようとしています。昨日のクアルコムSnapdragonサミットで、デスクトップインターフェイスの新しいバージョンがモトローラの携帯電話で披露されました。 Snapdragonプロセッサを搭載した第10世代のMotoGハンドセットについて簡単に説明しました。

Motorolaの新しいAndroidデスクトップ–写真提供者: PC Mag

これは大きなニュースですか?それ自体では、実際にはそうではありません。 デスクトップモードで構築している電話メーカーが増えたとしても、Androidのデスクトップとしての電話の乗っ取りの最前線にはいない可能性があります。代わりに、これはデスクトップシナリオでAndroidアプリにますます注目が集まっていることを示すもう1つの動きです。 明らかに私たちにとって、Chrome OSは、Androidアプリを活用するためのデスクトップ環境のより良いバージョンです。 しかし、Androidがウィンドウ形式で使用されていることに光を当てる開発が見られることを嬉しく思います。

これがますます発生するにつれて、Android開発者は、ユーザーがキーボードとポインティングデバイスを接続した大画面でアプリを活用しているという現実を真剣に受け止めなければなりません。 Chromebookは現時点ではあまり針を動かすことができず、この取り組みに役立つ頑丈なAndroidタブレットもあまりないため、新しいユースケースを歓迎します。 私の見方は、もっと楽しいです。 ウィンドウ化されたデスクトップUIがAndroidスマートフォンの標準になり始めた場合、アプリ開発はその新しい標準を適切にサポートするように適応することを余儀なくされます。

最近、Android11への今後の移行について報告しました。 途中で、Chromebookのウィンドウ化されたAndroidアプリの品質にどのようにプラスの影響を与えるか。 しかし、これらの改善は、これまでのところOS側でしか実現できません。開発者は、アプリがデスクトップシナリオで使用されていることを認識し、より良いエクスペリエンスを作成するために必要な調整を行う必要があります。ますます多くの電話メーカーがデスクトップモードを出荷するのを見るにつれて、それらの改善が続くことを願っています。アプリの処理が改善され、デスクトップ向けに最適化されたアプリがあれば、ChromebookでAndroidを使用するエクスペリエンスが向上するだけです。