マイクのサポートがついにChromebook上のLinuxに登場

マイクのサポートがついにChromebook上のLinuxに登場

Chromebook上のLinuxアプリは、1年前よりも少し一般的になっています。現在、多くのデバイスがこの新機能をサポートしており、ChromeOSのLinuxコンテナの全体的な機能は成長を続けています。大きな部分がしばらくの間配置されているので、この時点では、まだ修正されていない目立たない省略を見逃しがちです。 これは、Chrome OS79の最新ビルドでのマイクサポートで起こったこととまったく同じです。

Chrome OSでのLinuxエクスペリエンス全体に欠けている大きな要素のいくつかは、長い間GPUサポートと適切なマイクサポートでした。 GPUのサポートは少し前からありますが、 それはまだ実験的であり、現時点では旗の後ろにあると考えられていますが。ただし、旗の後ろに置かれることは大したことではありません。Linuxアプリをいじくり回したりすることをいとわない人は、必要に応じて旗を1つか2つオンにするのに十分な知識があるからです。 ただし、これまでマイクのサポートは完全に廃止されており、Linuxアプリの機能にはかなりの空白が残っています。

おかげ この不足しているLinuxアプリの機能については、KevinTofelがAboutChromebooksで絶えず検索しています。 開発者は、Chrome OS 79のLinuxコンテナのマイクサポートを大騒ぎせずにスライドさせたことがわかりました。 Chrome OSシェルとLinuxターミナルの両方で数行のコマンドラインが必要ですが、起動して実行するのは非常に簡単で、テスト後は期待どおりに機能します。この機能は、Chrome OS 80または81のターミナルに何も入力しなくても、Linuxコンテナーの一部になることを完全に期待していますが、その時点ではまだフラグの後ろに残っている可能性があります。

ChromeShopで2019年の最高のChromebookを購入する

自分で試す方法

試してみるには、まずChromebookでLinuxアプリを有効にする必要があります。どちらかに行きます 設定> Linux(ベータ版)>オンにする または、アプリドロワーで「ターミナル」を検索して、ターミナルアプリを選択します。 Linuxコンテナをまだインストールしていない場合はインストールするように求められ、次のパートの準備が整います。

すべてが完了し、Linuxをロールする準備ができたら、を押してCROSH(Chrome OS Shell)インスタンスを開く必要があります。 CTRL + ALT + T キーボードで。新しいタブに黒い画面が表示され、その画面に入力するだけです vmc stop termina Enterキーを押します。少し待ってから、入力する必要があります vmc start termina --enable-audio-capture 、終了させて​​から、そのタブを閉じます。そのタブを閉じてもよいかどうか尋ねられますが、 CROSHタブを閉じるたびにこれを尋ねられるので、心配する必要はありません。

それでおしまい! 次回、アプリドロワーまたはターミナルからLinuxアプリを起動すると、そのアプリはChromebookのマイクにアクセスできるようになります。これは、デバイス自体の内蔵マイクが機能するか、3.5mmジャックに接続されたマイクが機能するか、USB-Cオーディオインターフェイスまたはマイクも機能することを意味します。 マイクがChromebook自体で動作する限り、Linuxでも動作します。 コンテナはシステムのマイク設定と機能をプルするだけなので、Chromebookのマイク設定が機能する場合、Linuxアプリに引き継がれない理由はありません。

このセットアップをAudacityでテストし、入力としてSystem Micを選択したら、問題ありませんでした。この追加の影響はかなり明確になっているはずです。 Chromebookを使用しているユーザーは、もう少し慣れている可能性のあるはるかに強力なオーディオ録音アプリケーションにすぐに簡単にアクセスできるようになり、マルチプレーヤーゲームが現実に近づき、ボイスチャットも利用できるようになります。一般に、あらゆる種類のLinuxアプリを使用するときにマイクを利用できるようにすることは、ChromeOSでのCrostiniの取り組み全体にとって正しい方向への大きな一歩です。