オートフォーカスで撮影するだけ–Chromebookカメラでまもなくドキュメントをスキャンできるようになります

オートフォーカスで撮影するだけ–Chromebookカメラでまもなくドキュメントをスキャンできるようになります

このアップデートは久しぶりですが、今日まで正式に公開されていません。 Chrome OS 96 Canaryでは、Pixelbook Goのカメラアプリに以下のメッセージが表示されました。これは、従来の組み込みの「スキャン」アプリをスキャンする代わりに、技術的にドキュメントを直接キャプチャできることを示しています。

ドキュメントをスキャンする

ドキュメントのすべての端をフレーム内に配置します。ドキュメントと背景の色が異なる場合、スキャンが最適に機能します。

アプリ自体を開いた後、新しい「スキャン」オプションが、既存の「ビデオ」、「写真」、「スクエア」、「ポートレート」オプションと一緒に下部のナビゲーションに表示されます。チュートリアルメッセージを閉じたら、Chromebookをドキュメントに向け、端を揃えてシャッターボタンをスナップするだけです。

Chromebookをドキュメントに向けると言ったことにお気づきかもしれません。標準のクラムシェルデバイスをお持ちの方は、今少し混乱しているかもしれません。後ろ向きのカメラを持っていたとしても、それはどれほど厄介なことでしょうか?そのため、この新機能から真に恩恵を受けるのは、世界に向けたカメラを持っている人だけです。つまり、キーボードを邪魔にならないようにひっくり返して、タブレットスタイルまたは取り外し可能なChromebookを使用できれば、これが可能になります。

カメラのフレームにドキュメントを配置すると、青いバウンディングボックスがその周りをインテリジェントに調整し、移動およびシフトしてエッジを適切にキャプチャします。正しく行わないと、いわば「線の色」を思い出させるメッセージが上部に表示されます。また、QRコードスキャナーがドキュメントスキャナーに組み込まれていることに気付くかもしれません。これらは、スイッチを押すだけで同じものになります。

ChromeUnboxedのその他のアイテム
  • ChromeOSスキャンアプリはいくつかの新機能と洗練されたUIを取得します GabrielBrangers著

よし、すごい!これでドキュメントがキャプチャされました。左下には、好みに合わなかった場合に備えて、[再取得]オプションが表示されます。右下に、[写真として保存]オプションと[PDFとして保存]オプションが表示されます。どちらも新しいドキュメントをファイルアプリにドロップします。これがいつ展開されるかはまだわかりませんが、今日使用可能で非常に洗練されているように見えることは、遠くないことを意味します。