ChromeOSタブレットモードでアプリをすばやく切り替える方法

ChromeOSタブレットモードでアプリをすばやく切り替える方法

Chrome OSのタブレットに焦点を当てたモードは、ここ数年進行中です。 Chrome OS 70にまでさかのぼり、 Chromebook、コンバーチブル、デタッチャブル、タブレットの真のタブレットに焦点を当てたセットアップは、そのアップデートが発表されて以来、常に変化と新しさの源となっています。これは、Googleが急いでタブレット対応のUIを最初の公式Chrome OSタブレットに対応させようとしたときに、不運なPixelSlateが発表される数週間前に実際に発生しました。

歴史が示すように、その努力はうまくいかず、うまくいきませんでした。ただし、Chrome OSのタブレットモードがどのようになるかについての基礎を築き、 それはとても良いことです。 かなり時間がかかりましたが、近づくにつれて ChromeOSタブレットと取り外し可能なものの第2の本当の波の到来、 グーグルがついにタブレットに関する初期の問題のトンを解決したように感じます。マルチタスク、概要モード、ジェスチャー、および一般的なユーザビリティは急速に向上しており、 これまでに見たことのないChromebookタブレットエクスペリエンスの一部となったトリックがあります。

これは、ナビゲーションが棚の3つのアイコンによって処理されたときにAndroidで利用可能だった古い機能に戻ります。右端のアイコンは正方形で、マルチタスク操作を処理していました。そのボタンを1回クリックするだけで、Androidがその時点で実行していたアプリの概要のバージョンが表示され、そのボタンをダブルクリックするだけで、開いている最新のアプリをすばやく切り替えることができます。

ChromeShopで2019年の最高のChromebookを購入する

私たちには知られていないが、これは現在ChromeOSでも行われている動作です。タブレットモードでは、概要モードに移行するためのジェスチャーがあります(今のところ下にスワイプしますが、AndroidやiOS / iPadOSのように上にスワイプするように変更されます)が、時計のそばにある小さなボタンもあります。このボタンは、概要モードを表示する最も簡単な方法ですが、 ダブルプレスするとクイックスイッチアクションも可能です。 読者からこのことを知らされ、Pixel Slateを手に取って、実際に動作しているのを見ました。これは、古いバージョンのAndroidでの私のお気に入りのクイックトリックの1つだったので、Chromebookでも見るのが好きです。

新しいタブレットモードUIのフルバージョンがバージョン81のChromeOSにヒットしたときに、この機能が斧になる可能性があると思います。現在、デベロッパーチャンネルには、少し前に動画を作成した新しいマルチタスクUIがあります。新しいジェスチャーUIには、ホームボタンと戻るボタンを削除するフラグがあり、オンにすると、マルチタスクボタンも削除されます。将来、これらのボタンがすべてなくなることが判明した場合、この機能がその時点で機能するかどうかはわかりません。 できる限り試してみてください。楽しんでいる場合は、紛失する前に使用してください。