CrostiniLinuxでadd-apt-repositoryコマンドが見つからないというエラーを修正する方法

CrostiniLinuxでadd-apt-repositoryコマンドが見つからないというエラーを修正する方法

コマンドラインシリーズを継続するにつれ、Linuxアプリケーションをインストールするための新しいソフトウェアや代替方法を試す方法を常に探しています。頻繁に発生する一般的な例の1つは、ChromeOS上のCrostiniLinuxに付属しているデフォルトのDebianBuster以外のリポジトリからソフトウェアをインストールすることです。 Crostiniをいじくり回したことがある場合は、これと同じ状況に遭遇し、セカンダリリポジトリを追加しようとしたときにエラーが発生する可能性があります。

この例では、Debian Stretchリポジトリを使用します。これは、信頼できるリポジトリであり、ChromeOSで適切に機能することがすでにわかっているためです。 ChromeOSがDebian10(Buster)コンテナに更新されると、Debian 9(Stretch)リポジトリが削除されました。メインのDebianStretchリポジトリを追加するには、ターミナルで次のコマンドを使用します。sudo apt-add-repository 'deb http://ftp.us.debian.org/debian stretch main contrib non-free'

すぐに、software-properties-commonパッケージがないためにこのメソッドが機能せず、次のエラーがターミナルに出力されることがわかります。 add-apt-repository command not found慌てる必要はありません。簡単な修正です。まず、をインストールする必要があります software-properties-common パッケージ化してから、コマンドを実行してDebianStretchリポジトリを追加します。sudo apt-get install -y software-properties-common sudo apt-add-repository 'deb http://ftp.us.debian.org/debian stretch main contrib non-free'

インストールが完了し、リポジトリを追加したら、sudo apt update && sudo apt upgrade -yを実行します。すべてが最新であることを確認します。 (これは単なる例です。Stretchリポジトリを使用する理由はありません。Busterリポジトリには、同じバージョンのアプリケーションと、場合によっては新しいバージョンのアプリケーションがあります。 )これで完了です。catを使用して、リポジトリが追加されたことを確認できます。コマンドと表示sources.listリポジトリを格納したファイル。次のコマンドを実行して、StretchMainがそのファイルに含まれていることを確認します。cat /etc/apt/sources.list

単一のアプリケーションをインストールするためにリポジトリを追加していて、リポジトリをソースリストに残したくない場合は、使用したapt-addコマンドに-r コマンドを追加してリポジトリを削除できます。そのコマンドは次のようになります。sudo apt-add-repository -r 'deb http://ftp.us.debian.org/debian stretch main contrib non-free'

一部のリポジトリでは、apt updateを実行しようとするとエラーが発生する場合があります。これが発生する理由はさまざまです。欠落したキーと安全でないソースは、Crostiniにリポジトリを追加する際の一般的なエラーです。その壁にぶつかった場合は、下にコメントをドロップしてください。そのエラーを修正する方法はさまざまであるため、特定のリポジトリに一緒に対処できます。