Chromebookデスクトップに登場するエキサイティングな新機能

Chromebookデスクトップに登場するエキサイティングな新機能

過去6か月間、Chrome OSのタブレットモードインターフェースは、大量のUIアップデートの受信側にありました。更新から分割画面、新しいスワイプジェスチャまで、タブレットモードでChromebookをナビゲートする方法は、昨年の今回とは大きく異なります。

これらの変更は素晴らしく歓迎されていますが、標準のデスクトップ操作は比較的変更されていません。 確かに、アプリドロワーとシステムトレイはデスクトップモードとタブレットモードの両方でオーバーホールされましたが、デスクトップを移動する一般的な方法はかなり長い間変わっていません。そして、公平を期すために、素晴らしい状態を維持するためにそれほど多くのことをする必要はありません。

スナップウィンドウ、概要モード、タブを備えたChrome OSデスクトップエクスペリエンスは、かなりフル機能であり、不足しているものについてはあまり考えません。 しかし、昨日出会った新しいコミット Chromebookデスクトップに搭載されている、めちゃくちゃ便利だと思う追加機能を参照しています。 概要モードからウィンドウをスナップします。

分割ビュー:概要ウィンドウをドラッグしてラップトップモードでスナップできるようにします。

これは、ラップトップモードで概要ウィンドウをドラッグしてsplitviewにスナップできるようにするための最初のCLです。

–機能フラグDragToSnapInLaptopModeを追加します

–ラップトップモードでは、スプリットビューモードの動作はタブレットモードの場合とは大きく異なります。分割表示モードは、概要セッション中にのみアクティブになります。ユーザーが画面の両側にスナップする2つのウィンドウを選択すると、分割表示モードはアクティブではなくなります。

ここで、概要モードまたはスナップが何であるかわからない場合は、説明させてください。 概要モードは、トラックパッドを3本の指で上下にスワイプするか、Chromebookキーボードの一番上の行にある概要ボタンを押すことで実現できます。

このビューから、開いているウィンドウを簡単に選択し、クリックするだけでそのウィンドウを前方に移動してフォーカスを合わせることができます。これは優れたオプションですが、多くの場合、いくつかのウィンドウを並べてスナップする必要があり、概要モードを使用してそれらのウィンドウを見つけることは非常に便利ですが、不格好です。

概要モードから、1つのウィンドウをクリックしてから横にスナップし(ウィンドウの最大化ボタンを押したままにするか、ウィンドウをビューポートのいずれかの側にドラッグするだけで実行できます)、もう一度概要を押し、別のウィンドウを選択してからドラッグします。反対側にそれ。確かに、これは機能しますが、考えてみると少し不器用です。

タブレットモードでスナップウィンドウの概要

ただし、今後登場する機能により、次のことが可能になります。 概要モードから直接ウィンドウをスナップします。 概要ボタンを押して、目的のウィンドウを引っ掛けて、ディスプレイの片側にドラッグすることを想像してみてください。理想的には、これによりウィンドウがスナップされ、画面の残りの半分で概要モードが維持され、スナップされた2番目のウィンドウを選択できるようになります。

シンプルで簡単。

この動作はタブレットモード(上の写真)では正常ですが、ChromeOSのデスクトップモードでは利用できませんでした。これは、すでに優れたデスクトップエクスペリエンスへの小さな変更であり、私のような人にとっては、この機能がワークフロー全体に非常に役立つことを私は知っています。

今後の機能に注目し、OSの次のいくつかのバージョンで提供されることを期待しています。