Chromebookの棚に戻るボタン

Chromebookの棚に戻るボタン

新しいコミットがリポジトリに表示されました 正直なところ、少し奇妙なことを参照しています。

これが冒頭の言語です

棚に戻るボタンを追加します。これは、タイトルバーの作業を削除するための準備です。戻るボタンを追加するこのアプローチは、現在のアプリリストボタンをモーダルに拡張し、どちら側が押されたかに応じて2つの機能を備えています。

これを最初に見たとき、最も目立ったのはフレーズでした 「タイトルバーを削除しています…」

現時点では、これがどのように機能するかはよくわかりませんが、このコミットのコメントを掘り下げた後、ここで何が起こっているのかを知ることができます。

まず、これはAndroidアプリがフルスクリーンになったときにのみ有効になるようです。 Chromebookで没入型Androidアプリを使用したことがある場合は、必要に応じて戻るボタンを見つけるのが少し難しい場合があることをご存知でしょう。一部のアプリでは上から下にスワイプできますが、できない場合もあります。そうでない場合は、画面上の戻るボタンを押すことはできません。

私の推測では、タイトルバーの削除への言及はフルスクリーンアプリへの言及であるため、アクセスしやすい戻るボタンがあると素晴らしいでしょう。 Androidの場合と同様に、フルスクリーンアプリの場合は、横または上からスワイプして、一般的なナビゲーションボタンを画面に表示できます。タブレットモードのChromeOSでこの動作が似たものになった場合、私はそれがすべての勝利だと考えています。

次に、もう少し詳しく読むと、これが追加のボタンではないことがわかります。 代わりに、アプリランチャーボタン(左下隅の丸いボタン)が変更され、新しい戻るボタン用のスペースが確保されるようです。それがボタンが単に戻るボタンに変形することを意味するのか、それとも何か他のことが起こっているのかは、現時点では不明です。

上記の引用を振り返ると、ボタンはインターフェースのいずれかまたはタイプになるようです。どちら側を押すかによって、ボタンには2つの機能があることが明記されています。下部にあるコメントでは、次のように表示されます。

最大化モードでは、ボタンは主軸のサイズを大きくして、アプリリストのボタンの円に加えて戻るボタンの矢印に対応します。

これは、ボタンが単純に2つの側面に分割され、戻るボタンに対応することは明らかです。確かに、コミットメッセージは別の可能な設定を参照していますが、コミットの所有者はこれを明らかに劣った方法と見なしています。

代替案(別の戻るボタン)は、モックに表示されるもの(つまり、中間の色とその間の色のアニメーション(このCLにはない))を実現するのが非常に難しいIMOです。戻るボタンの正確な機能はまだ100%定義されていません…

もう1つのオプションは、必要に応じてドックに表示される別の戻るボタンです。このオプションは、何らかの理由で、明らかに難しく、実行可能性が低くなります。彼らはいくつかのモックアップを参照し、コミットでそれらをリンクしますが、それらの画像は私たちのような通常の人々にはアクセスできないので、これが最終的にどのようになるのか疑問に思う必要があります。

AmazonでChromebookを購入する

最後に、この関数はまだ完全には定義されていないようです。 上記の引用の最後の行は、この機能がどのように利用されるかがまだ完全に決定されていないことを明確に示しています。個人的には、タブレットモードで常に戻るボタンがない理由はわかりません。キーボードが使用されていない場合、特にAndroidユーザーの目には、具体的な戻るキーが非常に便利な場合がよくあります。

キーボードが目の前にあるので、この機能を使用する理由はほとんどありません。表面には常に専用の戻るボタンがあるので、この機能はタブレットモードで最も理にかなっているようです。

この新機能がいつ公開されるかは現時点ではわかりませんが、詳細がわかり次第お知らせします。