Androidのフルスクリーンイマーシブモードを搭載したChromebook

Androidのフルスクリーンイマーシブモードを搭載したChromebook

Chromebookが現在処理するのが難しいことの1つは、フルスクリーンのAndroidアプリの扱いです。現在のところ、このプロセスはせいぜい厄介です。


最近、GoogleのプロダクトマネジメントディレクターであるKan Liuと話をすることができました。彼は、これが近い将来どのように処理されるかについて教えてくれました。

今の仕組み

現在、Chromebookでフルスクリーンアプリを使用するのは奇妙です。ノートパソコンモードの場合、期待どおりの動作をする専用のフルスクリーンキー(F4)があります。現在のウィンドウが全画面表示になり、トップバーが削除され、下のドックが非表示になります。

実際、それはかなりうまく機能します。

問題はタブレットモードにあります。タブレットに切り替えた後、ChromeOSにはこれを処理する方法がありません。

たとえば、簡単に説明します。モダンコンバットをプレイする場合、(このタイプのアプリで必要に応じて)フルスクリーンモードにするには、ラップトップモードでゲームを起動し、フルスクリーンボタンを押してから、タブレットに切り替えます。モード。


タブレットモードでアプリを起動した場合、このモードに入る方法はありません。アプリが起動し、上部のバーが残ります。フルスクリーンに戻る唯一の方法は、ラップトップモードに戻り、フルスクリーンキーを押して、タブレットモードに戻ることです。

これは奇妙で厄介です。

すぐにどのように機能するか

今後、Kanは、没入型のフルスクリーンモードがAndroidと同じように処理されることを通知しました。

起動するアプリについて考えてみてください。アプリはすぐに全画面表示になり、没入型モードになります。たとえば、YouTubeは、横向きモードでビデオを視聴しているときにこのように動作します。モダンコンバットのようなゲームもこれを行います。側面からスワイプするだけで、ナビゲーション要素のドックとトップバーが戻ります。

Androidにあるのと同じイマーシブモードコードは、ChromeOSエクスペリエンスの一部にもなります。

これがどのように機能するかは、正確には不明です。ラップトップモードでこの動作が発生するのは非常に奇妙なので、タブレットモードでのみ有効になることを願っています。没入型モードのドックにあるボタンを確認したいのですが、アプリごとに表示されるため、アプリにコード化する必要があるようです。

最良の部分は、イマーシブモードがAndroidに存在しているため、イマーシブモードを必要とするほとんどのアプリですでに有効になっていることです。 Chrome OSがそれを利用する方法を理解すると、問題は基本的にそれ自体で解決します。

タブレットのような傾向を持つSamsungChromebook ProやPlusのようなデバイスは、これから大きな恩恵を受けるでしょう。

AmazonでSamsungChromebook Plusを先行予約(アフィリエイト)

これがどのように正確に実装されるかは時が経てばわかりますが、ChromebookでのAndroidエクスペリエンスの最悪の部分の1つがすぐに修正されるように見えることは心強いことです。