Chromebookは、ネイティブの画面記録を備えた改良された画面キャプチャUIを取得しています

Chromebookは、ネイティブの画面記録を備えた改良された画面キャプチャUIを取得しています

現在のところ、Chromebookとスクリーンショットは非常にシンプルなペアです。ヒッティング CTRL +概要 フルスクリーンのグラブを引っ掛けて Ctrl + Shift +概要 ユーザーがキャプチャする画面の一部を選択できるようになります。 UIも実際のガイダンスもありません。また、キャプチャした画像に対してネイティブに実行できることはほとんどありません。 Chrome OSには、画面上のアクションをビデオ形式で記録するためのシンプルでわかりやすい方法もありません。確かに、あります Loomのような素晴らしいウェブアプリ これは拡張機能を介して行うことができますが、システムレベルの操作として画面の記録を実行する機能があると、さまざまな状況で非常に便利になります。



先週出会ったChromiumリポジトリで起こっているいくつかのコード変更によると (ビデオ部分について最近投稿されたChromeストーリー) 、スクリーンショットと画面記録を取得するまったく新しい方法が、将来のアップデートでChromeOSに向けて準備されています。全体の努力は名前の下で取り組んでいます ‘capture_mode’ そしてあなたは見ることができます ChromiumGerritでコミットされているすべてのコード変更 あなたがそんなに傾いているなら。

一言で言えば、これらすべての変更からこの時点でわかることから、この新しいスクリーンショット/記録UIは、既存のスクリーンショットインターフェイスにあるものを引き継ぐだけでなく、エクスペリエンスにもかなりの効果をもたらすでしょう。 AndroidまたはiPhoneデバイスでスクリーンショットを撮ったことがある場合は、これらの優れた機能のいくつかに精通している可能性があります。現在Chromebookでは、スクリーンショット機能により、キャプチャされたフレームがダウンロードフォルダにポップされ、そのことをすばやく通知されます。基本的にはそれだけです。

新しいUIには、新しいUIなどが含まれます キャプチャおよび記録される内容を変更する機能を持つキャプチャバー、 スクリーンショットと録画のどちらが必要かを決定するための専用ボタン、 最近キャプチャしたメディアをクリップボードに追加してすばやく共有する機能、クイックアクセスのためにシステムトレイに常駐する必要があるクイック設定ポッド。 コミットファイルの1つから、 非常にラフ このキャプチャバーが起動されたときにどのように見えるかについてのアイデア。これがフローティングコントロールウィジェットなのか、通知トレイ内の何かなのか、記録中にディスプレイの上部に固定されるのかは不明です。





ChromiumGerrit経由

ただし、フローは十分に単純に見えますが、最終的には、画面上のコンテンツをキャプチャするためのより明確で簡単な方法がユーザーに提供されるはずです。クイック設定に、BluetoothやWi-Fiの切り替えなど、録音セッションを開始できる新しいボタンが表示されると思います。そこから、画面を記録するか、単にスクリーンショットを取得するかを選択できます。完了したら、選択したアプリにすぐにドロップできるキャプチャされたメディアを用意します。現時点では、キャプチャ後のワークフローが正確にどのようになるかは不明ですが、開発が進むにつれてこれを監視します。ただし、このオーバーホールがすぐに現れるとは思わないでください。この時点で、私のお金はChrome OS87または88になります。