ChromebookのPDFアノテーションは、新しいメディアアプリでまもなく可能になります

ChromebookのPDFアノテーションは、新しいメディアアプリでまもなく可能になります

少し前のことですが、実際には最後のバージョンのアップデートでしたが、ChromeOSには新しい新しいメディアアプリがあります。この新しいアプリは、あなたがその道を投げるほぼすべてのメディアを処理することができ、 システムWebアプリでもあります。 このアプリを単独で開いたり、ビデオや音楽などを開くためのデフォルトとして設定したりすることはできませんが(両方とも問題なく処理できます)、新しいメディアアプリは完全に表示および簡単な編集が可能です。写真、ビデオの視聴、地元の音楽の鑑賞、そしてその見た目から、 近い将来、いくつかのPDFの表示/編集。

現在のところ、PDFは奇妙な中間状態にあります。つまり、完全にドキュメントではなく、完全にメディアアイテムでもありません。ほとんどの場合、それらは両方であるため、それらをどのように処理するかは常に少し不明確です。現在、Chrome OSは、デフォルトでこれらの種類のファイルを新しいChromeタブで開きます。このタブには、いくつかの基本的な注釈ツールが組み込まれた非常に優れたPDFビューアがあります。これは、特にPDFの簡単なダウンロードと編集がすばやく必要な場合に、確実なソリューションです。 。

ただし、保存したPDFを後で開くと、Chromebookでデフォルトで新しいブラウザウィンドウが開くときに少し奇妙に感じます。機能的には劣りませんが、新しいメディアアプリでより多くのメディアファイルが開かれ、処理されるようになるにつれて、PDFがそれに続き、同じメディアアプリで自分自身を開く方が少し理にかなっていますね。

ChromeOSメディアアプリのPDF表示と注釈が追加されます

数日前に統合されたばかりのコミットによると、Chrome OSチームは、新しいアプリでPDFを開くだけでなく、既存のアノテーション機能を移植するChromebookのメディアアプリの新機能に取り組んでいます。同様に。久しぶりです Chromeは、ネイティブPDFビューアにPDF注釈を追加しました。 そして今、その機能をChromeOSのコア部分にも移行する時が来たようです。

CrOS Media App:インクをロードするPDFを旗の後ろに置きます。

これはデフォルトでfalseになります。メディアアプリは、Chromium PDFビューアがインクリソースを使用するように移行された後にのみPDFをロードする必要があるため(crbug / 1150244)、1回のCROSビルドで2コピーのインクをビルドしません。

現在、M88&TOTビルドでは、メディアアプリはink.jsを読み込もうとしますが失敗します。これは、内部にバンドルされているpdfInInkフラグをオーバーライドすることにより、その機能をオーバーライドします。

ChromiumGerrit経由

このフラグは、Chrome OSチームが新しいメディアアプリでPDFビューアを起動して実行している間だけの一時的なもののように見えますが、私たちが向かっている方向を非常に示しています。現在、Chrome OSメディアアプリはPDFを表示して開こうとしますが、失敗します。このコミットの外観から、メディアアプリの完全なPDFサポートが表示される前に、「インク」リソースが移行されるのを待っています(これにより、[Chrome]タブで開いたPDFのスタイラスでアノタトインが可能になります)。それは確かに来ています。これらのファイルはドキュメントというよりもメディア要素のように感じられるので、これはChromeOSにとって正しい動きだと思います。エンドユーザーが写真、ビデオ、オーディオ、またはデザインファイルを選択したときに同じアプリが開いているのを見るのに慣れるように、メインメディアアプリをデフォルトとして設定してあらゆる種類のファイルを開くオプションがすぐに利用できるようになることを願っています。