Chromeの「タブを自分に送信」機能はブラウザで新しい家を見つけるので、見逃すことはありません

Chromeの「タブを自分に送信」機能はブラウザで新しい家を見つけるので、見逃すことはありません

Leopeva64によって発見されました ツイッターReddit 、ChromeのSend Tab to Self 2.0機能は、オペレーティングシステムのネイティブ通知配信システムではなく、ブラウザを介して他のデバイスから送信されたコンテンツをユーザーに通知しているように見えます。 Chrome Canaryでは、ユーザーのスマートフォン、ノートパソコン、またはデスクトップから新しいタブを受信すると、専用の「デバイス」アイコンがオムニボックスの右側に表示されます。以下でチェックしてください。

クレジット: Leopeva64

タブをセルフ2.0に送信

システム通知を使用する代わりに、プロファイルアイコンの横に表示される新しい受信タブUIを有効にします。 – Mac、Windows、Linux、Chrome OS Android

#send-tab-to-self-v2

この機能のバージョン1.0は、ユーザーにタブ通知を配信するためにオペレーティングシステムに依存していましたが、この機能が無効になっている、または「邪魔しない」に切り替えられた場合、タブの受信者は他のデバイスからそのタブを取得することはありません。フラグのバージョン2.0は、これを完全に回避しようとしています。

クレジット: Leopeva64



ご覧のとおり、通知がアドレス指定されるとツールバーのバブルが消え、新しいタブが受信されるともう一度表示されます。 ChromeとChromeOSでのGoogleのすべてのデザインと同様に、現時点では関係のない機能はなくなります。幸いなことに、これも例外ではありません。つまり、まったく使用していない場合でも、スペースを占有することを心配する必要はありません(タブ検索機能と閲覧リスト機能は、誰もが人気のある場所ではなかったと思います)。

ChromeUnboxedのその他のアイテム

ブラウザの代わりに通知トレイにそのようなものが表示されるようにするために言われることがあります。通常、ライブコンテンツまたはリビングコンテンツ、または参照できる新鮮なコンテンツは、すぐに消費またはアドレス指定できる場所に配置する必要があります。ブラウザヘッダーは通常、コンテンツを長期間保存するために使用されます。拡張機能を考えてください。読書リストなど。そうは言っても、これは巧妙なトリックですが、長期的な解決策ではないと思います。とにかく、カナリアチャンネルにあるので、すべてのユーザーに届くまでには長い時間がかかるので、当分の間、それが発展するのを監視し続けます。