Chromeの「後で読む」は「読書リスト」と呼ばれるようになり、読み取り、未読、削除のボタンが機能するようになりました

Chromeの「後で読む」は「読書リスト」と呼ばれるようになり、読み取り、未読、削除のボタンが機能するようになりました

私たちが 新しい「後で読む」機能の聞き取りを最初に開始 Chromeで作業していたので、最初はとても興奮していました。 Googleには コレクションと呼ばれる素晴らしいサービス これは主に独自の検索アプリで動作し、Chromeにこれらのコレクションに直接Webコンテンツを共有するための固有の機能を持たせたいと切に願っていました。 「後で読む」機能は、そのギャップを埋めるために探していたものだと本当に思いました。

サービスの開始がますます近づくにつれて、そうではないことがわかりました。 代わりに、「後で読む」は、さらにいくつかの特典を約束して、標準のブックマークのように機能します。それらの特典の中で、あなたのアイテムを既読と未読に分類する能力がそれらの中で最も重要です。さらに、既読アイテムを削除するためのクイックボタンについても説明しました。実は、最新のCanary Channelビルドでは、「Read Later」がこれらの機能を追加しており、名前の変更も受けています。

このサービスは現在、「ReadingList」という名前で提供されています UIは現時点では明らかにスタイルが設定されていませんが、これが今後どのように機能するかを確認できます。これで、リストに配置したアイテムのグループがいくつかあり(URLバーの同じスターアイコンを使用して)、「未読」セクションと「既読ページ」セクションに分割されています。未読のリンクをクリックすると、自動的に[読んだページ]セクションに移動します。チェックマークアイコン(現時点では)は、2つのリスト間でアイテムを移動しますが、このアイコンは、将来表示するリストに応じて変わると確信しています。アイテムを未読から既読に移動するためにチェックマークが残っている場合がありますが、再度未読としてマークするための別のアイコンが表示される可能性があります。

新しい、スタイルのない読書リスト

これとは別に、特定のアイテムを処理する準備ができたときに削除するために、各エントリの横に小さな「X」もあります。これは、将来的には便利な機能になる可能性のあるシンプルなシステムだと思います。ブックマークは基本的にこのタスクを実行できますが、リスト内で既読または未読としてマークを付ける機能は、別のブックマークフォルダのように感じないほど動的なリーディングリストを作成するための鍵です。

グーグルの誰かが読んでいる場合、オフラインで表示するためにリーディングリストのアイテムを自動的にダウンロードする機能はかなり素晴らしいでしょうし、このフォルダを優れたグーグルコレクションに何らかの方法で同期する機能も大歓迎です。便利な追加。スタイリングの要素に焦点が当てられ、新しいChrome読書リストが安定したチャンネルに近づいてユーザーが試せるようになるので、これに注意を払っています。