Chrome OSを使用すると、ディスプレイ間でアプリやウェブアプリを簡単に移動できるようになります

Chrome OSを使用すると、ディスプレイ間でアプリやウェブアプリを簡単に移動できるようになります

仮想デスクの導入と、ChromebookでAndroidアプリとLinuxアプリをそれらの間で移動する機能により、ChromeOSで完璧な生産性フローを構築するために多くの時間を費やしてきました。私がデバイスを使用するようになった主な方法の1つは、デスクトップモードにドッキングされた外部ディスプレイを使用することです。過去数か月の間に、Googleがこのスタイルの使用法に対応するオペレーティングシステムにいくつかの改善を加えたことに気づきました。特に、アプリやPWAを起動したときにカーソルがあるディスプレイで開く機能です。それでも、不足していることが1つあります。それは、これらすべてを毎日使用するのにちょっとした苦痛をもたらすものです。

開発者がウィンドウを右クリックして別のディスプレイに移動する機能を追加できれば、頭痛の種を減らすことができます。 Chrome OSは、クラッシュまたは再起動後にウィンドウを適切な表示に復元しません。また、すべてを適切な場所にドラッグアンドドロップ(および再最大化)することが多すぎます。知らない人のために、ウィンドウを右クリックして、特定の仮想デスクだけでなく、他のユーザーがサインインしているユーザーにも移動することができます。このトップバーUIの例については、以下を参照してください。これは、ディスプレイセレクタオプションを追加するのに最適な場所です。

周辺機器が利用可能な場合は、[表示に移動]オプションを追加してください。

この 事だった 数年前にキーボードショートカットを使用していましたが、その後削除されたようです。それでも、私が求めているのは、開いているウィンドウとアプリをディスプレイ間で移動するGUIオプションです。これは、3つのキーボードキーを同時に押し続けるよりもユーザーフレンドリーです。素人がリモートで高度なことを何もしなくても使用できるもの。私の意見では、上級ユーザーの場合でも、これを視覚的に行う方法がある方が理想的です。

ChromeUnboxedのその他のアイテム

Chrome OSに対する私の最大の不満は、再起動するたびにアクティブなセッションを復元しますが、完全なユーザーエクスペリエンスを復元しないことです。ウィンドウが表示されるウィンドウの配置とサイズ設定など。 Windows 11は最近ベータ版でリリースされましたが、これは美しく機能します。競合他社が新しいOSをテストから外す前に、GoogleがChrome OSStableにそのようなことを実装することを望んでいます。どう思いますか?この欲求不満を共有しますか、それともラップトップモードでデバイスを単独で使用しますか?以下に知らせてください!