Chrome OSは、[概要]ボタンを元の棚に戻しています

Chrome OSは、[概要]ボタンを元の棚に戻しています

私はそれを言いました、そして私はそれを意味しました– Chromebookの仮想デスクはこの1つの重要な機能なしでは不完全であると感じました。 2013年に存在していたが、他の人のために場所を空けるためにオペレーティングシステムから不必要に削除された、アクセシビリティの1つの重要な機能、「概要」ボタン!キーボードの上部に手を伸ばさなくても、開いているウィンドウを確認するためのクイックアクセスシェルフアイコンが返されることを主張した後、ChromeOS開発チームは私の主張を理解したようです。

によって発見された Chromeストーリー 、新しい Chromiumリポジトリのコミット は、機能フラグがまもなく導入されることを示しています。これにより、長い間失われていた[概要]ボタンが有効になり、Chromebookの棚のステータスエリアの近くに配置されます。多くの人はこれに気付いていないかもしれませんが、Googleがタブレットモードでのみ表示されると決定する前に、PeekingランチャーがChromeOSに導入される前は時計の右側に座っていました。その後間もなく、彼らはそれを完全に取り除きました。

Overview_button:クロムフラグを追加します

概要ボタンの実験用のフラグを追加します。

バグ: 1142045

Chromebookの棚に置いていた、忘れられていた概要ボタンを復活させる必要があると思います。 下のPixelSlateの画像をご覧ください。ジェスチャーベースのナビゲーションが更新される前は、右側に2本の縦線が入った長方形が棚の右下に表示されていました。これにより、概要モードが表示され、開いているウィンドウが表示されます。これで、タブレットモードでこれらを引き上げるために、棚から上にスワイプして押し続ける必要があります。

このボタンは、タブレットモードのChrome OSにはあまり意味がありませんが、Googleのオペレーティングシステムを実行しているラップトップやデスクトップでは復活するはずです。マウスを棚まで下に移動してクリックしてデスクを引き上げることができるのは素晴らしいことです。つまり、キーボードの一番上の行に手を伸ばしたり、右手を使ってアクティブにする必要がないということです。常にマウスに手を戻す前に、タッチパッドでジェスチャーを使用してそれらを操作します。

–どうやら、私は未来をじっと見つめています
  • 明らかに、棚はグーグルがそこに追加しているすべてのアイコンでかなり混雑していますが、私にはいくつかの解決策があります。 [概要]ボタンをユーザー補助設定の一部として導入できなかった理由はありません。そのため、必要なユーザーはオンに切り替えたり、オフにしたりすることはできません。さらに、新しくてエキサイティングなものの導入で(あなたが誰に尋ねるかによって異なります) 生産性ランチャー 、開発チームは、ユーザーが左揃えまたは中央揃えのシェルフアイコンを選択して、混雑を解消する方法を追加するだけで済みます。すべての人に適しているわけではありませんが、これが私のモックアップでどのように見えるかを示しました Chromebookでどのような素材になりますか

    ChromeUnboxedのその他のアイテム

    いずれにせよ、選択肢はありますが、Googleがそれらすべてを調査することを願っています。開いているウィンドウの重要なシェルフショートカットの再導入は、それらがそうであることの証拠であり、私は感謝しています。現在、このフラグがCanaryチャネルにいつ表示されるかは示されていません。そのため、Chrome OS Stableの平均的なユーザーにとっては道のりですが、この機能の開発が進むにつれて、最新の情報をお届けします。