ChromeOSはメディアアプリ用の注釈ツールを取得しています

ChromeOSはメディアアプリ用の注釈ツールを取得しています

Chrome OSに組み込まれているギャラリーまたはメディアアプリは比較的単純ですが、ほとんどの場合、ほとんどのユーザーが基本的なメディアビューアで探すツールが含まれています。ギャラリービューアで画像を開くと、拡大縮小、切り抜きと回転、基本的な照明フィルターなどのオプションが表示されます。また、ファイルサイズ、サイズ、撮影日や変更日など、画像に関する基本情報を表示することもできます。繰り返しになりますが、かなり基本的なことですが、画像をその場で処理するときに必要なのはそれだけです。私はよくトリミングツールを使用して、ウェブサイトで使用する16:9の比率に画像を切り詰めてから、 Squoosh アップロードのためにファイルを圧縮するアプリ。

平均的なChromebookユーザーにGalleryアプリに何が欠けているのかを尋ねるとしたら、大多数の人がすぐに注釈ツールに答えてくれることでしょう。画像をマークアップするための組み込みのペンツールがないことは、一部の人にとっては小さな見落としのように思えるかもしれません。ただし、1日に複数回画像を処理する私たちにとって、ファイルアプリでファイルをクリックして注釈を付けることができることは、ワークフローに深刻な影響を与える可能性のある必要なツールです。私を非難する前に、はい、Google Keepまたは注釈機能を備えたサードパーティツールでデフォルトで画像を開くように設定できることを十分に承知していますが、そうする必要はありません。

ありがたいことに、Chrome OSのCanaryチャネルの最近の更新により、現在メディアアプリと呼ばれているもののネイティブアノテーションツールがまもなく提供されることが明らかになりました。 Media App Annotationという名前がふさわしく、この旗は今朝のカナリアのアップデートに登場しましたが、それは間違いなく進行中の作業です。実際、フラグを有効にすると、画像ファイルを表示しているときにメディアアプリに注釈ボタンが追加されますが、ツールをクリックすると、ペンのサイズと色について2つの未完成で使用できないオプションが表示されます。今後、さらに多くのオプションが追加される可能性がありますが、正直なところ、これらの単純なマークアップツールを自由に使用できることに夢中になります。

このフラグはほんの数週間前に作成されたものなので、すぐにStableにロールアップされることはないと思います。とは言うものの、これはChrome OS Mediaアプリへの信じられないほどの追加ではありますが、単純なように思えます。開発者がこれを遅かれ早かれラダーに押し上げることを望んでいます。おそらく、彼らは注釈ツールを強化して、2021年1月下旬に到着する予定のChrome OS 88に対応できるようにすることができます。注釈ツールを監視し、完全に機能するようになったときに通知します。