Chrome OSは、デスクトップエクスペリエンスで最も厄介な問題の1つをようやく修正しています

Chrome OSは、デスクトップエクスペリエンスで最も厄介な問題の1つをようやく修正しています

複数のディスプレイを備えたデスクトップとしてのChromeOSに対する主な不満の1つは、ChromeOSがそのように最適化されているとは本当に感じられないことです。代わりに、この「デスクトップモード」(Chromebookをドッキングすることでエクスペリエンスを拡張する)が採用されているように、長い間感じられてきました。大画面でのChromeOSには多くの不満がありますが、Chrome OSは美しく、オペレーティングシステムをより完全に体験できる方法であることを認めなければなりません。それらの不満の1つは、新しいアプリやウィンドウを開くたびに、プライマリディスプレイで開くことです。私は常にウィンドウを反対側のディスプレイにドラッグアンドドロップしていることに気づきました。それは非常に煩わしいことです。

Chrome OSの新しいフラグにより​​、この問題がようやく解決される可能性があります。 Chrome OS Canary 91では、下に示すように、「カーソルでディスプレイ上で開くWindows」フラグを切り替えることができました。その名前が示すように、Chromebookで開いたアプリやウィンドウは、ディスプレイ上で正しく起動されました。 「プライマリ」としてリストされているディスプレイに単に表示されるのではなく、カーソルが座っていました。これはベータチャネルでも機能することを確認できます。

カーソルでディスプレイ上にウィンドウが開きます

複数のディスプレイがある場合、カーソルが置かれているディスプレイでウィンドウが開きます。 – Chrome OS

#ash-window-follow-cursor-multi-display

誰もが楽しめるStableチャンネルにいつ届くかは定かではありませんが、Chromebook、Chromebox、Chromebaseのユーザーの皆様に喜ばれることでしょう。これは、ほとんどのユーザーが積極的に検討したり、認識したりすることではないかもしれませんが、デスクトップモードでChrome OSを十分に長く使用すると、すぐに明らかになります。最高のエクスペリエンスを得るには、デバイスをドッキングし、アプリを起動し、ウィンドウ間でアプリを絶えず移動する必要があることほど悪いことはありません。ステータスバーを右クリックしてウィンドウを別のディスプレイやデスクに移動できるという追加機能は素晴らしいですが、それでも心配する必要はありません。

ChromeUnboxedのその他のアイテム

これが完全に利用可能になると、ユーザーは、マウスカーソルをディスプレイ上の起動したい場所に置くことに慣れる必要があります。ただし、これは思ったよりも簡単かもしれません。たとえば、モニターが2つある場合、そのウィンドウを表示したいディスプレイでランチャーを開く可能性があるため、カーソルはすでにそこにあります。 Chrome OSデバイスに他にどのようなデスクトップの改善を期待しますか?コメントセクションでこの会話を続けましょう!