ChromeOSが調整可能なマウスカーソルサイズを取得

最新のデベロッパーチャンネルアップデートにより、次のChrome OSバージョン59に新しいユーザー補助機能が追加されました。視覚障害のあるユーザー向けに、ChromeOSではマウスカーソルが拡大されています。このオプションは、設定メニューのユーザー補助オプションで使用できます。あなたがそれをいじったことがあるなら、あなたはカーソルが 大規模


あなたがそれを必要とするならば非常に効果的ですが、何人かのユーザーは少し気が遠くなるような何かを望むかもしれません。 FrançoisBeaufortのおかげで、解決策が進行中であることがわかりました。 ChromeエバンジェリストのGooglePlusに関する最近の投稿では、Chrome OS 59の最新のデベロッパービルドで調整可能なマウスカーソルが表示されています。この機能を有効にするには、まずChromebookをデベロッパーチャンネル(モードではなく)に移動してから、次のように入力して実験フラグを有効にする必要がありますオムニボックスのコード。 (URLアドレスバー)

chrome:// flags /#ash-adjustable-large-cursor


有効にすると、上の画像のようなものが表示され、調整可能なカーソルを自分で試すことができます。開発者チャネルは少しバグがある可能性があることに注意してください。さらに、デベロッパーチャンネルに移動してもデータは削除されませんが、安定版またはベータ版に戻ると削除されます。バックアップ、バックアップ、バックアップ。私はバックアップと言いましたか?ええ、データをクラウドまたはリムーバブルストレージに保存します。


ソース: フランソワ・ビューフォート