Chrome OSは、すぐに使えるセットアップにジェスチャーチュートリアルを追加します

Chrome OSのセットアッププロセス、または正式に知られているOOBE(すぐに使えるエクスペリエンス)は、ここ数年で大幅に変更されました。かつてはシンプルなログイン画面であり、Chromeの同期は、ユーザーがAndroidアプリのインストールと確認、Googleアシスタントのアクティブ化、場合によっては生体認証の設定を求められるため、ほぼ本格的な設定プロセスに進化しました。今後さらに多くのタブレットが登場すると予想されるため、開発者は現在、タブレットモードが有効になっているデバイスを最初にセットアップするときに、ユーザーがタブレットのジェスチャーを実行できるようにするための基本的なチュートリアルに取り組んでいます。

OOBE:ジェスチャーナビゲーション教育用の初期画面を追加

このCLは、oobeジェスチャナビゲーション教育の初期画面コードを追加します。新しい画面内の5つのページはほとんど空で、タイトル、サブタイトル、および次へのボタンのみが含まれています。

Chromiumリポジトリ

新しいジェスチャーナビゲーション教育のユーザーフローには、ChromeOSの更新されたジェスチャーの使い方を学ぶようユーザーに促す紹介画面が含まれます。機能が改良されるにつれて詳細が変更される可能性がありますが、現在、これらはウォークスルーで表示される画面です。

  • ジェスチャーでナビゲートする新しい方法の紹介–はじめに
  • 家に帰る–いつでもホーム画面にアクセスするには、下から上にスワイプします。
  • 戻る–前の画面に戻るには、横からスワイプします。
  • 開いているアプリに切り替える–開いているすべてのアプリウィンドウを表示するには、下から上にスワイプして押し続けます。

Chrome OSタブレットのジェスチャーについて既に知っている場合は、おそらくこのチュートリアルをスキップできます。コミットに添付されたバグレポートは非​​公開であるため、この変更がいつになるかは不明ですが、ChromeOSタブレットが大衆にとって実行可能なフォームファクターになるという期待をGoogleが放棄していないことを示す良い指標です。