Chrome OS 84の概要モードのオーバーホールは、私のお気に入りの新機能です[動画]

Chrome OS84は先週発売されました 予想よりもはるかに多くの機能が満載されていました。 84に登場するChromeOS 85に付属する予定だったものがいくつかあるので、この最新のアップデートで試してみることができる新しいものに非常に満足しています。ただし、これまでのところ、 私のお気に入りの新機能は、ChromeOSの概要モードを利用する機能である必要があります シングルモニターとマルチモニターのセットアップで期待する方法。

この更新の前は、概要モードが機能しており、ユーザーが開いているすべてのウィンドウを期待どおりに一度に表示できるようになりました。ただし、これらの開いているウィンドウを表示し、フォーカスを合わせるために1つを選択する以外は、この機能は実際にはあまり効果がありませんでした。 Chrome OSのタブレットモードでウィンドウをドラッグできるようになったため、概要モードのクラムシェルバージョンは、比較すると制限され、制限されているように感じました。

私にとって大きな問題の1つは、ウィンドウをあるディスプレイから別のディスプレイに単純にプルできないことです。このミックスに仮想デスクを追加し、 控えめに言っても、あるデスクのある画面から別のデスクの別の画面にアプリを移動するのは少し複雑でした。 Chrome OS 84の最新のアップデートでは、これらすべてが修正され、ユーザーは可能な限りあらゆる方法で概要モードに期待するエクスペリエンスを提供できます。

これで、3本の指を上にスワイプ(またはトラックパッドの設定によっては下に)するか、キーボードの概要キーを押すと、概要モードを前後にバウンスせずに、概要モードを再配置するだけで作業できる柔軟性のあるビューが得られます。ワークスペース。代わりに、概要モードになったら、開いているウィンドウを取得して、拡張ディスプレイや他の開いている仮想デスクにドラッグするだけです。デスク間を移動したり、概要モードを終了したりする必要はありません。 ウィンドウをつかんで、好きな場所に移動するだけです。

それに加えて、 概要モードからも、ウィンドウを画面の左側または右側にスナップできます。 これは、Chrome OSでのタブレットモードエクスペリエンスの一部であるため、クラムシェルモードでもオプションを利用できるのは当然のことです。私はそれほど頻繁にウィンドウをスナップする傾向はありませんが、必要なときにオプションがあると便利です。これをウィンドウを左または右にスナップするための他のショートカットに追加すると、最新のOSに期待されるさまざまなウィンドウスナップ機能を利用できます。

Chromebookに近づくときに特定の設定を念頭に置いている人として、2つのディスプレイの仮想デスクに配置したいものをすべて開いて、概要モードにジャンプしてからドラッグすることができるという事実が大好きです。すべてを適切に配置します。これは、これまでのデスクトップ組織よりもはるかに洗練されたソリューションであり、今回のChromeOSへの私のお気に入りの新しいソリューションです。

Chromeショップで2020年のこれまでの最高のChromebookを購入する