Chrome OS 57:ChromebookでPINロック解除を有効にする

Chrome OS 57:ChromebookでPINロック解除を有効にする

Chromeリリースのブログによると、Chrome OS 57がリリースされると、PINのロック解除がすべてのChromebookで利用できるようになりました。

唯一の問題? 見つけるのは少し難しいです。

有効になっている場合でも、この設定が見つかると予想される場所は、実際には、それが見つかる場所ではありません。


Chrome Unboxedの周りでは、 マテリアルデザインの設定 何ヶ月もオフとオン。その設定メニュー(すぐに完全に統合されることを願っています)では、PINロック解除が前面と中央にあり、簡単にアクセスできます。

ただし、標準設定メニューでは、この設定を見つけるのは少し困難でした。 Smart Lockセクションを見回し続けましたが、何も見つかりませんでした。それはどこかにあると確信して、私は探し続けました。

通常、簡単な検索で必要なものが見つかります。これもうまくいきませんでした。

最終的に、私はのリンクをクリックしました 「画面ロックの管理」というタイトルのセクション。 後から考えると理にかなっています。

クリックすると、これらの設定を変更するためにGoogleパスワードの確認を求める画面が表示されます。よかったです。それを入力して続行します。次に、次の画面が表示されます。




おそらく、「パスワードのみ」に設定されます。 [PINまたはパスワード]を選択し、その後[PINを設定]を選択するだけです。次に、次の画面が表示されます。

少なくとも6桁のPINを2回入力し、[続行]をクリックするだけです。画面ロックのポップアップに戻り、PINを変更するオプションが表示されます。ここで[スリープから復帰するには画面ロックが必要]オプションを選択することもできます。 それを可能にするのは非常に良い考えです ChromebookまたはChromeboxが常にホームバウンドである場合を除きます。

興味深いメモ: セットアップが完了した後、PINを変更する場合は、上記の手順を繰り返し、パスワードまたはPINのオプションが表示されたポップアップが表示されたら、[パスワードのみ]を選択してから、[PINまたはパスワード]を再度選択します。これにより、PINをリセットするように求められます。私の意見では、メインのGoogleパスワードがないとこのメニューにアクセスできないため、[PINを変更]オプションをそのままにしておく必要があります。しかし、それは私の2セントです。

とにかく、あなたはそれを持っています。待望のPINロック解除を設定してください。私のようであれば、ChromeOSデバイスがスリープ状態になるたびに非常に長いGoogleパスワードを使用する必要がないので安心です。