バグレポート:Chromebookの登録ステータスが失われる

バグレポート:Chromebookの登録ステータスが失われる


私たちは常にChromeOSの世界から最新かつ最高のものを共有することを目指していますが、他のオペレーティングシステムと同様に、バグや壊れたもののかなりの部分に遭遇します。読者に情報を提供し、デベロッパーがChromebookの問題に迅速に対処できるようにするために、ユーザーに影響する問題について報告することがあります。

CRBugトラッカーは、Chromiumオープンソースプロジェクトで見つかったバグを追跡、修正、更新するための公開リポジトリです。これらのレポートは、ユーザーだけでなく開発者からも提供されており、ChromeOSとChromeを最高の状態で実行し続けるために重要です。

Chromebookユーザーに影響を与えるこのような最近のバグの1つがここ数週間で発生し、登録済みのデバイスに固有のようです。これらは、EnterpriseドメインまたはEducationドメインでGoogle管理コンソールを介して特別に管理されるChromebookです。

当面の問題は、Chromebookの登録が失われているようであり、管理者はChromebookの再起動後に再登録する必要があることです。登録および管理されているデバイスの場合、予想される動作は、ユーザーが登録済みドメインの資格情報を使用してログインするように求められることです。

登録および管理されているデバイスの場合、予想される動作は、ユーザーが登録済みドメインの資格情報を使用してログインするように求められることです。バグレポートによると、発生しているように見えるのは、起動時にChromebookが登録画面に戻り、管理者が最初から登録プロセスを開始するように強制していることです。

多くの学校や企業が何千ものデバイスを導入しているため、このバグはIT部門にとって大きな問題になる可能性があります。この問題に関して複数のバグレポートが公開されており、現時点では、影響を受けたChromebookの数と影響は不明です。

私たちが知っているデバイスは以下のとおりですが、残念ながらリストは増えているようです。

  • Acer Chromebook 14 for Work
  • Acer Chromebook 15(CB5-571)
  • Lenovo N22
  • Lenovo N23
  • Lenovo N42-20
  • Dell Chromebook 3180
  • CTL J5
  • HP Chromebook 11 G5 EE

このバグは開発者によって優先度0にエスカレートされています。これは、多くのデバイスがChrome OS v.60のアップデートを受信できないため、リストの最上位であり、重要な修正であることを意味します。

あなたは何ができますか?

よろしくお願いします。開発者は、クラッシュレポート、ログ、およびあなたのようなユーザーからのフィードバックを使用して、ChromeOSの問題を診断します。あなたまたはあなたの組織がこの問題を抱えている場合は、デバイスでAlt + shift + iをクリックし、可能な限り多くのフィードバックを提供することでフィードバックを提供できます。

または、CRBugトラッカーにアクセスして、この問題の現在のスレッドにコメントすることもできます。開発者は問題を解決するための情報が必要であることを忘れないでください。 CRBugは、欲求不満を解消する場所ではありません。修正を見つけるのに役立つできるだけ多くの詳細情報を共有し、更新を監視するためにそこにいる間はバグレポートにスターを付けることを忘れないでください。

あなたはバグレポートを見つけることができます ここ

AmazonでChromebookを購入する