Bose QuietComfort 35 II w / Googleアシスタントオフィシャル


今のところ、Googleアシスタントが組み込まれたさまざまなヘッドフォンが間もなく登場することは、おそらくニュースではないでしょう。当初、このデバイスの最初の本当の言及は、10月4日の#madebygooleイベントで行われると想定していました。サンフランシスコで。

しかし、Boseは多数のオンラインリークを受けてどこからともなく登場し、本日、第2世代のQuietComfort35ヘッドフォンを発売しました。これは、予想される9月22日のリリースよりも前に行われます。 複数のBestBuyの場所で確認済み

すべての仕様と画像がウェブ上に浮かんでいるので、QC35 IIページが公開されたとき、Boseからの驚きは実際にはありませんでした。リークが描写されているものを正確に確認できます。これは、左のイヤーカップにアクションボタンが追加された元のヘッドフォンの更新バージョンです。

仕様によると、このボタンはGoogleアシスタントを呼び出し、ユーザーがGoogleアシスタントに話しかけたり、通知を受け取ったり、可能な場合はメッセージに返信したりできるようにします。

モバイルデバイスとのペアリング以外に、いくつかのアシスタント機能を備えたヘッドフォンについての話があります。ユーザーマニュアルからはそうではないようです。 QC35 IIヘッドフォンにはWIFI機能がなく、Googleのスマートヘルパーにアクセスするには、アシスタントアプリを使用するAndroidデバイスまたはiOSデバイスが必要です。

または、Boseは、Google社員でない場合は、アクションボタンを使用してヘッドセットのノイズキャンセリングレベルを調整できると述べています。

Boseの新しいQC35IIで嬉しい驚きだったのは、価格です。第2世代のヘッドフォンは、Boseから直接349ドルで販売されており、一部のBoseアウトレットでは、ブラックまたはシルバーで販売されています。これにより、元のアシスタントレスモデルとまったく同じ価格で提供されます。

以前に報告されたように、明日はBest Buyから、そして近い将来にはAmazonのような他の小売業者から新しいBoseが入手可能になるはずです。

アマゾンでボーズを購入

ソースボーズ