BETT 2020:Googleは、新しいデバイスのChromebook自動更新ポリシーを8年間に延長します

BETT 2020:Googleは、新しいデバイスのChromebook自動更新ポリシーを8年間に延長します

BETT 2020は明日まで正式に開始されませんが、ロンドンで開催された教育工学のグローバルテクノロジーカンファレンスから、すでに刺激的なニュースが寄せられています。のリリースはすでに見ています Acerの最新のEDU用Chromebook そして今、Googleはトップページの報道価値のある主要な爆弾を落としました。

あなたが今かもしれないように、Chrome開発者は 自動更新ポリシーの日付に1年以上追加することで、130台を超えるChromebookの寿命を延ばします。 ただし、本日、Googleは、2020年に発売されたデバイスが、通常の6週間のスケジュールで最低8年間の自動更新を取得することを発表しました。 キーワードから:

そして今、2020年以降に発売されるデバイスは、さらに長い間自動更新を受け取ります。新しい Lenovo 10eChromebookタブレットAcer Chromebook 712 どちらも2028年6月まで自動更新を受け取ります。したがって、フリートの更新や新しいデバイスへの投資を検討している場合は、今が絶好の機会です。

キーワード

これがEDUデバイスにのみ適用されるのか、それとも消費者向けデバイスにも適用されるのかを明確にするためにGoogleに連絡し、後者が適用されることを報告できることをうれしく思います。つまり、SamsungGalaxyやASUSFlip C436などのChromebookも、8年以上の長く健康的な生活を楽しむことができます。現時点で唯一の灰色の領域は、初めてリリースされるデバイスですが、1年以上使用されているプラ​​ットフォーム上に構築されています。 EDUと消費者モデルがGeminiLakeやKabyLakeプロセッサを搭載した棚にぶつかるのはまだ見られますが、公式の自動更新ポリシーページに到達するまで、8年間の更新が行われるかどうかはわかりません。

ChromebookユーザーとChromeOSエコシステム全体にとってこれがどれほど重要かを説明する必要はないでしょう。 Chromebookを取り巻く最大の苦情のトップ5を挙げた場合、印刷、Bluetooth、およびデバイスがアップデートを取得することが保証されている比較的短い時間であることが確実です。今後、8年が基準となることを知って心強いです。ここで、デバイスのAUE日付の可視性を高めるために作業する必要があります。私の意見では、これはすべてのChromebookのボックスとオンラインリストに明確に印刷する必要があります。それは別の日の暴言です。 BETTでのGoogleの発表について詳しく知りたい場合は、次のURLにアクセスしてください。 キーワード。