今後のChromebook「Atlas」とPixelbookでテストされる適応型(自動)輝度

今後のChromebook「Atlas」とPixelbookでテストされる適応型(自動)輝度

Chromebookの環境光センサーは目新しいものではなく、かなりの数年間、膨大な数のデバイスに組み込まれています。これまでのところ、これらの実際の用途は、Chromebookの起動時にディスプレイの明るさを設定することだけでした。役に立った?はい。周囲光センサーに本当に欲しいものは何ですか?

それほど多くはありません。

自動画面の明るさは、ラップトップに必要な機能の最上位にはありませんが、多くの人は、他に何もないとしても、バッテリー節約の手段としてこれを有効にしたいと考えています。明るさを少し高く設定し、それほど高くする必要がないときに何時間もそのままにしておくのは罪があることを私は知っています。この種の動作は、バッテリーの寿命と網膜の両方に悪影響を与えるため、画面の明るさを自動化できるようにしたいと思っています。

一握りで 新しいコミット 私たちは Chromiumリポジトリにあります。 Pixelbookと「Atlas」の両方で自動画面の明るさが積極的に取り組んでいるようです。 アダプティブブライトネスと呼ばれる可能性が高い GoogleのPixelスマートフォンで見られるように、この新機能は、将来的には少なくともGoogleのChromebookにリアルタイムの自動明るさをもたらすように見えます。

実際にPixelスマートフォンで見られるのと同じアダプティブブライトネスになる場合は、Chromebookユーザーにとって大きな一歩になる可能性があります。 知らない人のために、GoogleのAdaptive Brightnessは、部屋の光に基づいて調整するだけでなく、時間の経過とともにあなたの行動を学習し、画面の明るさの使用方法に適応します。時間の経過とともに、調整の必要がなく、ほとんどの照明シナリオでPixel 3XLの方が優れていることを証明できます。

これがPixelbookと「Atlas」に次のように追加されているのは理にかなっています 「Atlas」はPixelbook2であると想定しています。 「アトラス」に関するGoogleのリリース計画についてはまだ少し不確かですが、それがGoogleにしっかりと属しているという証拠は増え続けています。このアダプティブブライトネス機能を、証拠の山への追加として数えます。

知るか?この新機能がまもなく公開される可能性があります。また、「Atlas」は5月初旬に開催されるGoogleのI / Oデベロッパーカンファレンスで静かにデビューする可能性があります。 結局のところ、それはかなり長い間開発されており、含まれているチップセット(Pixel Slateと同じ)は、新しいデバイスを長く抑えすぎると、少し時代遅れに感じ始めます。

アップデート: 結局のところ、Pixelbookにはこれの初歩的なバージョンがすでにアクティブになっていますが、少し風変わりで不明瞭です。 Pixelbookを再起動してから再起動した場合 画面の明るさを手動で調整しないでください。 画面は部屋の明かりに基づいて明るく/暗くなり、キーボードのバックライトがまだ点灯していない場合は点灯します。少し時間がかかりますが、機能します。

これは、GoogleがPixelスマートフォンで宣伝している、AI主導のアダプティブブライトネスではありませんが、実際の取引が表示されるまでは、何もないよりはましです。 以下のコメントでこの機能を指摘してくれたSterfに感謝します!