Acerは、最初のMediaTek Kompanio 1200Chromebook「トマト」を製造しているようです。

MediaTek Kompanio 1200(MT8195)を搭載した最初のChromebookが間もなく登場することに、私たち全員が非常に興奮していることは間違いありません。「Spherion」(今後のMT8192を搭載したChromebook)とともに、Acerがこのプロセッサを最初に市場に投入します。



それも理にかなっています。 AcerとMediaTekChromebookは、Acer ChromebookR13から始まります。そのデバイスは正直なところ時代を先取りしており、MediaTekチップを搭載した最初のChromebookでした。 MediaTekが深く関与していないChromeOSエコシステムを想像するのは難しいですが、それは2016年のことです。それ以来、かなりの数のMediaTek搭載Chromebookを目にしてきましたが、これは今後数か月で拡大する予定です。 MT8192およびMT8195の導入。

MT8195ベースのChromebook開発ボードの数は現時点ではかなり限られていますが、 これらのボードの1つである「トマト」は、メーカーとしてAcer経由で提供されるようです。 このデバイスについてはまだ学ぶことがたくさんありますが、Acerによって作成されていると信じるのには十分な理由があり、初期段階でこのデバイスが表示されることを期待しています。 10月に開催されるAcerのグローバルプレスイベント。

「トマト」がAcerデバイスであると私が信じる主な理由は2つあります。 多くのコミットとデバイス内で使用されているバッテリーに関する特定の開発者。開発者から始めましょう。 Sue Chenは、多くのChromebook開発ボードに携わってきました。 そしてそれらのほとんどすべてはエイサーのためのものです。 Acer Spin 513、Acer Chromebook 511、Acer Chromebook 514、Acer Chromebook 311、Spin 511などのデバイスがすべて彼女のベルトの下にあるので、Sueが関与している場合は、Acerがその背後にいることは間違いありません。





ChromiumGerrit経由

さて、そのバッテリーについて。上記のように、「トマト」用に特定のバッテリーが追加されており、そのバッテリーは多くのAcerデバイスで使用されています。 スー・チェンによって追加されています。 この時点でAcerが「Tomato」の後ろにいると想定するのはそれほど飛躍的ではありません。それは私にとって非常にエキサイティングです。



MediaTekでの長い歴史により、最初のKompanio1200デバイスがしっかりと構築されたマシンになることを期待しています。エイサーは素晴らしいコンバーチブルを生産するのがかなり上手になりました、そして それは「トマト」で見られるもののように見えます。 「チェリー」ベースボードのさらなる開発により、途中でいくつかのタブレットが生まれることを期待していますが、それはまだカードには含まれていません。しかし、パワフルなMT8195を内蔵した、薄くて軽くてクリーンなコンバーチブル?とても嬉しいです。指を交差させて、Acerが少なくとも数週間以内に開催されるイベントでそれを披露することを期待しましょう。おそらく、おそらく、今後数週間のうちに1つを手に入れることができるでしょう。