Chromebookでの4Kビデオ編集がまもなく可能になる可能性があります

Chromebookでの4Kビデオ編集がまもなく可能になる可能性があります

ユーザーがChromeOSとそれが実行されているChromebookの制限について話すときに持ち上がることがいくつかあります。 ゲーム、写真編集、およびビデオ編集がそのリストの上位に入る傾向があります。 過去数年にわたって、それらのいくつかはWebアプリ、Androidアプリ、および/またはLinuxアプリを介して対処されてきました。

GoogleのStadiaプロジェクトが約束どおりに機能するようになれば、Chromebook向けの完全に実行可能なゲームソリューションが実現します。写真やグラフィックの編集には、Pixlr、Web上のGravit Designer、Android上のPhotoshopまたはLightroomなどのオプションがあります。 LinuxのGIMPとInkscapeで非常に実用的なソリューションを追加すると、写真とグラフィックの編集のニーズのほとんどが満たされます。

ただし、ビデオ編集はまだ少し不足しているように感じます。 確かに、WebとAndroidの両方にWeVideoのようなものがありますが、iOSやMacで得られるものにはほど遠いです。 Kinemasterは急速に成長しており、Chromebookのインターフェースが完全に具体化されれば、多くの人にとって真のソリューションになる可能性があります。少し前まで、彼らはChrome OSに大量のキーボードショートカットを追加し、生産性に大きな違いをもたらしましたが、デスクトップ全体のインターフェースで行うべき作業がまだいくつかあります。

ここでのより大きな問題は、これらのソリューションのいずれも4K出力を提供する能力がないことです。 必要なエンコード機能がなければ、動画エディタのUIの良し悪しは関係ありません。Chromebookでは編集用に4Kをエンコードできません。少なくとも、今のところはできません。

4Kエンコーディングが登場

ほんの数日前に見つけたコミットでは、ChromeOSチームがChromebookで4Kハードウェアエンコーディングを実行できるようにする動きをしているようです。現在のところ、HP Chromebook x2、Pixelbook、およびPixelSlateでテストされています。 コミットを見てください:

チップセット-kbl、eve、nocturne:ARC ++ PでHWAVC4Kエンコーディングを有効にする

Intel Kaby Lakeデバイスには、AVC4KエンコーディングをサポートするIntelhd615が統合されています。ビデオエディタアプリの一部のパートナーは、Chromebookの重要な機能と見なされる4K機能を望んでいます。

このため、ターゲットデバイスで4K機能を有効にします。

BUG = b:122720412 TEST = emerge-(soraka | eve | nocturne)-アークコーデック

これは解読がとても簡単です。 Kabylakeデバイスでは、Intel GPU(HD615)に対してハードウェアAVC4Kエンコーディングが有効になっています。この動きは、ChromeOSでの4Kビデオ編集を望んでいる一部のソフトウェアパートナーによって動機付けられているようです。このGPUエンコーディングがないと、これらのアプリは4Kビデオ制作を提供できません。

ここでは、いくつかのことが重要です。まず、ソフトウェア開発者がアプリの機能を望んでいるためにこれが起こっているという事実はエキサイティングです。 これは、Chromebookを念頭に置いて作成されたアプリがあることを意味します。これは、開発者がついにChromeOSを真剣に受け止め始めていることを意味します。

第二に、Googleがこの要望に耳を傾けているという事実は、Chromebookで何らかのビデオ編集を行う必要があることも認識していることを意味します。 誤解しないでください。長編映画の編集にChromebookが使用される将来は予測できません。 YouTubeコンテンツが完全にChromebookで作成される未来が見えてくると思います。

新世代の生徒が学校の部屋からオフィスに移動するにつれて、ChromeOSも生徒とともに進化する必要があります。創造性とコンテンツを作成する能力は、これまで以上に重要になっています。このような手順は、Chrome OSが成長し続ける中で、その寿命と有用性にとって前向きな動きです。