13インチChromebookに新しい解像度のスケーリングオプションを追加

13インチChromebookに新しい解像度のスケーリングオプションを追加

これについては、Chromebookのディスプレイに関するいくつかのレビューやその他の記事で触れましたが、ChromeOSのお気に入りの新機能の1つに特化した簡単な記事があることを確認したいと思いました。

この変更は、現時点では13インチ範囲のChromebookにのみ適用されるようであり、非常に歓迎すべき追加です。


さて、簡単な免責事項: 私はディスプレイ技術の専門家ではありません。ディスプレイについて私が十分に理解していないことがたくさんあります。何が良く見え、何が悪く見えるか、そしてその理由について少し知っています。

これまでの悪い点の1つは、ChromeOSの解像度のスケーリングでした。それは何年にもわたってヒットまたはミスしており、他のものではなくいくつかに取り組んでいるようです。

画面の解像度とスケーリング

つまり、ChromeOSは複数の解像度をうまくスケーリングできませんでした。基本的に、スケーリングとは、定義を失うことなく画面上の要素のサイズを変更するUIの機能です。ディスプレイがフルHDの場合、左から右に1920ピクセル、上から下に1080ピクセルになります。

OSがこの解像度でレンダリングするように指示されると、ディスプレイはその解像度で何をすべきかを正確に認識します。画面上のもの(フォント、アイコンなど)を大きくするためにその解像度を1ノッチ下げて調整すると、次のステップは1536×864になります。最近まで、この解像度でうまくいき、13インチの画面で動作するのに十分な大きさになりましたが、ほとんどのフォントと画面要素はあいまいで低解像度のままでした。

これは、古いCRTモニターとは異なり、特定のピクセル数のLCD画面が原因です。 OSによってレンダリングされるピクセルが、ディスプレイによって提供されるピクセル数と一致しない場合、物事はうまくレンダリングされません。


ただし、どちらのChromebookピクセルでも、これは問題ではないようです。それらのディスプレイは2560×1700です。それらがネイティブ解像度(必要に応じて選択できます)を使用していた場合、文字通り小さすぎて使用できません。テキストは非常に小さいため、少し拡大しないと標準サイズのフォントを読むことができません。

それでも、箱から出して、Pixelは実際には標準として1280×850の解像度を選択し、それを「最高」とラベル付けします。そして、正直に言うと、それはピクセルの最善の使用法です。

HPのChromebook13 G1は、3200×1800の解像度を「最良の」デフォルトとして1600×900に設定して、これと同じトリックを実行します。 13インチの画面では、Chromebookでこれまでに経験した中で最高のUIエクスペリエンスです。

では、何が起こっているのでしょうか。

これは、ChromeOSのスケーリングが引き継ぐ場所です。ディスプレイが実際に1280×850の場合、画面の解像度は低くなります。ピクセルとテキストはそれほど鮮明ではないことがわかります。そのため、この状況ではChromeOSはUI要素の4倍のピクセルを使用しています。したがって、1280×850の標準アプリアイコンが50×50の場合、拡大縮小すると、このアイコンは100×100ピクセルを占めます。実際のピクセル数と有効ピクセル数は同じではありません。

これで、50×50ピクセルのスペースに、100×100ピクセルを使用する要素ができました。それらは同じスペースを占有しますが、1つは同じスペースに4倍のピクセルを持っています。したがって、それはシャープに見えますが、はるかに使いやすいサイズを保持しています。

UIのすべての要素で同じことを行う必要があります。フォント、アイコンなどはすべてこのように扱う必要があります。ありがたいことに、画像やビデオはこの扱いを回避し、このスケーリングの狂気の真っ只中にネイティブ解像度で表示される可能性があります。

これはあなたにとって何を意味するのか

結局のところ、それが理にかなっているかどうかに関係なく、このすべてのスケーリングテクノロジーによって非常に重要なことが起こることがわかります。ディスプレイのネイティブ解像度に加えて他の解像度を選択しても、鮮明で詳細なエクスペリエンスを得ることができます。

特に13インチのChromebookの場合、これは落とし穴でした。 1080pは、13インチのデバイスですべてをネイティブに非常に小さくしますが、他のオプションはありませんでした。確かにフォントを上げることはできますが、それは特定のことにしか影響しませんでした。 UIの特定のページや部分をズームすることもできますが、それも一時的なギャップのように感じました。

現在のところ、13インチのChromebookは1536×864に設定された状態で出荷されます(Chrome OSの場合は1920×1080から次のステップになります)。これは125%のスケールです。標準の1080p解像度で表示した場合よりも、すべてが25%大きくなります。

このオプションはしばらく前からありましたが、ChromeOSはこれをPixelやHP13 G1のように扱い、この解像度の要素を再レンダリングします。その結果、くっきりと透明で美しいものになります。見せることは難しいことではありませんが、やってみます。以下の画像は、私のQHD(2560×1440)画面を1080pに縮小したものです。要素があいまいで、最適化されていないことがわかります。その下には、1536×864のASUSC301SAからのスクリーングラブがあります。これはワンランク上のものですが、QHD画面と同じように、ぼやけることなく、鮮明でクリアなものになります。

それぞれをクリックすると、フルサイズのバージョンが表示されます。

1080pにスケーリングされたASUSQHD画面

ASUS C301SA1080p画面を1536×864に拡大縮小

この1つの変更で、13インチChromebookに対する私の態度が完全に変わりました。解決が妨げになることはもうありません。代わりに、1080pは現在、ユーザーエクスペリエンスを向上させるために十分に活用されている資産です。

この変更に満足していると言うのは、非常に控えめな表現です。これは、Androidアプリの追加に続いて、OSに対して2番目に重要な調整だと思います。これは、最も人気のある画面サイズ/解像度の組み合わせを正当化し、エクスペリエンスを大幅に向上させます。

よくやった、グーグル。素晴らしい。